2022.11.30

子ども見守りGPSを使ってみた!最新の人工知能による安心サービスとは?

子どもの安全を確保するためにどこにいるのかわかればいいけれど、今どきのGPSって持たせてる方がいいのかな?スマホの方がいいのかな?と考えたことはありませんか?【最新こども見守りGPS3選!親子が求める安全アイテム】でご紹介したGPSの中から、トークできるGPS「BoTトーク」をHaru運営部で使ってみました!

 

小学生に進学すると、友達もできて、子どもたちだけで公園で遊ぶ機会が増えてきます。習い事を始めたり子どもが自転車に乗って1人で行く場合もあるでしょう。親と離れる時間や機会が増えてくると、迷子や誘拐や性犯罪など不安がつきません。とはいえ、「子育て四訓」というアメリカ先住民の言い伝えでは、『乳児はしっかり肌を離すな。幼児は肌を離せ、手を離すな。少年は手を離せ、目を離すな。青年は目を離せ、心を離すな。』とあります。小学生くらいの子どもであれば、『手を離せ、目を離すな』が当てはまるでしょうか。GPSを活用して、見守っておきたいですよね。

 

親の要望としては、
・よりリアルタイムで場所を表示してほしい
・安く使いたい
・子どもも持ちやすいものがいい
・キッズケータイはまだ早い気がしている
などがあげられるのではないでしょうか。

 

トークできるGPS「BoTトーク」は、
・1.5分ごとに場所が正確にわかる!1日の行動履歴がマップに残る!
・従来価格の7480円(税込み)から5280円(税込み)へと、原価(原材料費)以下の価格に値下げして提供されている!
・手のひらサイズで持ちやすい!
・学校に持っていける!
と、要望にフィットしています!

 

Haru運営部が使ってみたオススメポイント!
・位置情報が正確で、行動履歴も残ること
・プッシュ通知で通過や到着のお知らせが届くから、四六時中チェックしていなくてもいい
・子から親へ、親から子へ「トーク」を送り合えるので安心材料になり、子どもの自立心や好奇心を尊重してあげられる
・家族何人ででも見守れるから、パパとの育児シェアやお迎えの段取りなどもスムーズにできそう
・シンプルなので子どもが持つのを嫌がらない、無駄な興味を示さない
・料金が安く、オプションなどで悩まされない
・充電が長い!1ヶ月近くもつ
・旅行の時にも、迷子予防などで使える

 

小学生の娘に持たせてみました。登校時は、集団登校とはいえ何かしらの原因で登校班を離れる可能性があります。娘はスマホを持ちたがっていましたが、親としてはまだ早い気もするし、ゲームやSNSで知らない人と繋がってしまう可能性もあり、スマホを持たせる恐怖心の方が勝っていました。
しかし、「BoTトーク」なら知らない人と繋がってしまう心配はなく正確な位置と行動がわかります。なぜこの道を通ったのか聞いてみると、しっかりとした理由があることを知ることができて、無駄に怒ることがなくなりました。娘は「ママの声が聞けるし、自分の伝えたいことも送れるから一緒にいるみたいで安心!」と話していました。娘はまだ文字を入力することがうまくできないので、声で送れることは使いやすいようです。

 

保育園に通う息子は、習い事に行くのに子育て支援システムを利用しています。安全に送迎してもらっていますが、その動きを把握できた方が安心だと思いました。GPSで何かトークを送ることはないですが、場所がわかり、しっかり習い事に行ってるんだなとわかることで親として安心の材料になりました。習い事の移動は特に心配になるので、安心です。男の子は特に道なき道を通ろうとします。いつもと違う道を通っていると、学習したAIが知らせてくれます。帰宅が遅くなった理由も知ることができるので、頭ごなしに叱るのではなく理由を聞くことから始めることができました。小学生になる前から親子の信頼関係をしっかり作ることができます。

 

スマホを持たせることに不安を持っていましたが、GPSの方が精度が高く、タイムリーに居場所がわかること。子どもの手で不要な通信が行われないこと。声でメッセージを送ることができるので字が読めない子どもも使うことができること。声を聞けるので親子共に安心な気持ちになること。これらの点がとても良かったです!見守ることでわかることがあり、GPSを頼りにすることで子どもの自立心も育ちます。1人でも頑張れる場面を安心できる環境で作って、挑戦する心を育てていきたいですね!