2022.02.15

赤ちゃんの体幹が気になる?遊びながら使えるバランスボード

赤ちゃんがハイハイをしない、赤ちゃんがハイハイせずに先に歩いてしまった、子どもはコケても手をつけない。そんなことを耳にしたことはありませんか?昨今の赤ちゃんの発達や成長、体幹の弱さを指摘した症状が目立つようになり、ママたちの間でもそのような情報に不安になる方もおられるようです。【体幹が弱いのは赤ちゃんの時の運動不足が原因!?】でご紹介しましたが、赤ちゃんのときの運動は成長過程で大切になってきます。コロナ禍によって、運動不足が問題になっていますよね。本来、持って生まれた身体の能力を最大限に活かした動きができるようにサポートしてくれるグッズが今、人気なんだそうです。

 

それがこの「バランスボード」です。目にしたことがある方もおられますよね!このシンプルで独特な形に興味をそそられるグッズ!Amazonや楽天市場でも購入することができます。バランスボードは、子どもの使用も想定した、耐荷重約200kgの頑丈な木製バランスボードです。弧を描いた形状で地面と板の角度は転倒しにくい35度に設計し、角を丸めて使いやすさにも配慮されています。裏側には滑り止め・静音・床保護のために摩耗性の高いフェルトも貼られています。

 

バランスボードを使っているという子育てママに、お写真を送っていただきました!耐荷重200㎏なので、写真のように大人も使うことができます。産後のママさんも赤ちゃんを抱っこしながら、身体を動かすことができます。上の子が乗ってきても、へっちゃらのようです。ママにくっついてできるので、親子で楽しいですね!

 

バランス感覚は子どものころから育む必要があるすべての感覚を育てる基礎で、感覚訓練の重要な一環です。人間工学に基いて作られたバランスボードが前庭系(※動きとバランスを調整する感覚器官)を刺激し大切なバランス感覚を育成させてくれます。カーブの上で片足立ちができるのか挑戦して、バランス感覚のトレーニングができます。フィットネスや協調性向上などにも効果があるそうです。

 

繊細なフェルト付きで耐摩耗性抜群!滑り止めになっているので、赤ちゃんのつかまり立ちの補助具にもなってくれます。静音効果も付いているため、他人に迷惑にならず静かに使えます。

 

子どもの無限の想像力により、使い方は多様です。机、椅子、ベッド、シーソー、おもちゃ、踏み台、ロッキングチェア、橋、トンネルなど、遊びの中に取り入れることもできます。

 

雨の日だって、寒い日だって、気にせず自宅で楽しみながら身体を動かすことができます。疲れたら、ロッキングチェアのようにしてテレビを見てもいいかもしれないですね!そして、また立ってゆらゆら。運動不足に対応できるし、ストレスも発散できます。

 

赤ちゃんがハイハイをしたり、ぴょんぴょん跳ねたり、それら全ての行動は体幹や運動能力を育てていく過程にある根っこづくりによって意味のあるものです。成長の過程に早いペースや遅いペースはあれど、基盤となるものはみんな同じですから、楽しみながら成長のサポートを自宅でできるのはいいですね!