2022.04.17

坊主池公園は休憩場所にピッタリな癒しスポットかも?ベンチも多数あり

Haru探検隊が行く公園紹介!!枚方市岡山手町11-72にある【坊主池公園】に行ってきました。枚方小学校と枚方中学校の間に位置しています。

 

マンションが立ち並ぶ住宅街の中に、黄色い柵が目立つ公園があります。

 

黄色い柵の一番端には、自転車が通れるループがあります。ベビーカーが通るには少し通りにくそうです。

 

公園に入って右手は遊具があります。まずはジャングルジム。一番てっぺんは一部分が開いています。てっぺんまで行きやすくなっているので、子どもたちも挑戦しやすそうですね!

 

鉄棒は2つあります。夏は熱くなりやすいので、子どもが触る前に温度を確認すると安全ですね。

 

滑り台と砂場です。幼児向けの低い滑り台です。てっぺんのクマちゃんもかわいいですね。

 

3つの動物の乗り物もありました。向かい合って乗れるから、おしゃべりもできますね。ただこの乗り物、バネはないので動かないタイプでした。

 

ベンチもあります。屋根は付いてますが、新しく設置したのかまだ藤は付けられていませんでした。緑の葉っぱとツタが付いたら、日陰ができるので嬉しいですね。

 

安全ネットを挟んで遊具エリアの隣には、広場があります。ベンチもあります。バドミントンやサッカーができますね。安全ネットが貼ってあり、囲まれているので、道路への飛び出しの心配はなさそうです。

 

水道もあります。坊主池公園の水道は、石碑のような形です。Haru運営部の印象は、カッコイイ水道だ!!でした(笑)

 

ゴミ箱もありました。重しのついたフタがあるので、カラスなどの動物にイタズラされる心配はなさそうです。とはいえ、ゴミを捨てる際はしっかりルールとマナーを守りたいですね。

 

公園の名前になっている通り、池があります。池の前には屋根のついたベンチがあります。水辺を眺めながらの休憩はいいですね。

 

上から見たところ生き物は見つけられなかったのですが、鴨が泳いでいました。

 

池には噴水もあります。ぐるっと回ると反対側に行くことができますよ。

 

反対側に行くと、水辺まで降りることができます。傾斜になっている上に、石が並んでいるので危険ですが、ゆっくり降りれば近くまで行けます。

 

子どもは水遊びが大好き!近くまで行くと触りたくなるでしょうし、必ず保護者が付き添ってくださいね。取材に行った日は天気がよかったので水位も柵のところまででしたが、大雨の後は水位が上がるでしょうから降りない方がいいかもしれません。

 

立派な時計がありました。公園に時計は必須ですね!

 

時計の後ろは、竹藪になっています。「竹の子をとらないで下さい」の注意書きがありました。ということは、竹の子が生えるんですね!食べたいような気もしますが、勝手に取るのはよくないですし、竹林が増えないですね。

 

竹林の間には、木の机と椅子がありました。キャンプ場にありそうな感じですね!

 

 

公園内には、蚊やセアカゴケグモなど害虫の注意喚起の看板がたくさんありました。竹林と池があるから温かい季節には生き物も多く生息するのは当然です。子どもと遊ぶときには、触らないように注意したり、万が一のための応急処置グッズを持っておくといいかもしれません。虫だけでなく、熱中症対策も忘れずにしてくださいね。