2021.05.11

どうやっててっぺんまでいく?堂山公園の滑り台は登るのも楽しい♪

Haru探検隊による枚方の公園紹介です!今回は、大阪府枚方市堂山2丁目18にある【堂山公園】です。まずは遊具のあるエリアから紹介します。

 

周辺の道路は、比較的細いので車では行きにくい場所にあります。駐車場も周辺にはないので、遊びに行くときは徒歩や自転車がいいです。入り口にある看板の前には駐輪場があるので、自転車なら問題なし!

 

入り口を入ってすぐ目に入ってくるのが、この形!!「えーーすごーい!これなんだろう?」ってワクワクさせられました!!

 

近づいてみると、イボイボがいっぱい!!結構大きめの石がついているのですが、これはロッククライミングのように登れます。見た目以上に傾斜があるので、小さいお子さんはしっかり見てあげてくださいね!階段のように見える部分は、鉄の手すり。ここをしっかり持って登ることもできます。でも、絶対言える事がある・・・・絶対!絶対!真夏は暑くて触れない!!火傷注意が必須です!!

 

両サイドには階段があります。石の階段なのでしっかりしていて安定してますが、幅は大人1人分でも狭いと感じるくらい細い階段です。でも、両サイドに手すりがあるので、安心!!

 

1番上まで登るとその先には、滑り台!!一番上に立つと、結構な高さで眺めが良好!ちょっと怖いと感じる人もいるかもしれません。

 

全部で5レーンあり、真ん中の3レーンは細め、両サイドには広めのレーンがあります。終着点の部分が広いので、ゆっくり止まれますね。滑り台の傾斜の勢いで、すっ飛んでく子どももいるし終着点が長いのは安心ですね。幅の広さを活かして、おもしろい滑り方もできそう!!

 

滑り台の先は、砂場!てんとう虫さん2匹とカブトムシさん1匹は待っています。上に座ることができますよ。砂場は砂がしっかり入っているし、広さもとても広いです。

 

砂場の横には、水道があります。上向きの蛇口と、下向きの蛇口があり、排水溝もあります。上向きの蛇口には、石の踏み台もあるので、小さなお子さんも届きますね!

 

藤棚の部分は今は工事されていました。藤もしっかり咲いていましたよ。きれいになるのが楽しみですね!

 

藤棚の横には、大きなゴミ箱がありました。ゴミ箱があるのはとても助かります。おやつのゴミなどを捨てられると、帰りのゴミを少なくできて荷物を軽くできます。子連れで公園は手ぶらではいけないので意外と大荷物になることもあります。ゴミがなくなるだけでやはり多少違います。

 

鉄棒は3つの高さがありました。ペンキは塗り直されたのか比較的綺麗でしたよ。逆上がりの練習だけでなく、子どもたちの中では、「豚の丸焼き」のポーズとかが人気ですよね!支柱の赤を火に見立てて、豚になってぶら下がってみましょう!

 

背もたれ付きのベンチを発見!!背もたれが高いベンチが公園にあるのは珍しいのではないでしょうか!ちょっと力をぬいて座るには最適です!

 

ベンチの前には、ブランコ!4つあるので、ブランコ待ち渋滞も少なそうですね!どれもノーマルの座面で、座面の高さは少し高めに感じました。小さいお子さんが自分で乗るのは難しそうです。

 

堂山公園の遊具があるエリアはこんな感じでした。次回は、広場のエリアをご紹介しますね。