2021.03.03

本日の探検隊は、交野市私市にある水辺プラザへ

大阪や京都のベットタウンの代表格である枚方市。商業施設が充実している一方で、落ち着いてのんびりと生活できる住みやすさが人気の一つですよね。さらに、ちょっと行くだけで大自然豊かな環境が広がっていることも魅力です。その大自然を感じるべく、今日のHaru探検隊は、枚方市のすぐお隣にある交野市へとやってきました。

 

トーマス列車が走る京阪電車交野線に乗り、終点の私市駅で降ります。

 

大阪市立大学理学部付属植物園を目指します。改札を出たら、まっすぐ進み突き当たりを右折。そしてまっすぐ進むと、すぐ見えてくるのが大きな川のようになっている広場です。

 

古今和歌集 在原業平の和歌が記された石碑があるこの広場。

 

石碑の近くには、一級河川天野川「水辺プラザ」の地図がありました。天野川の川沿いを人が散歩したりできるように整備したんですね。とっても広かったです。地図にも「地域交流の拠点にふさわしい水辺空間を創造しています。」と書かれていました。

 

こちらは、尺治川。ここは尺治川と天野川が交差するポイントで、段差に整備することで川の流れを調整しています。水はなかったのですが、こんな感じ。水が流れていると想定すると、本当に大きな川です。ですが、今が水がないので歩くことができます。

 

本来ならば水がある場所ですから、歩けると言っても石段になっていたり、地面はデコボコしていて歩きにくいです。お子さんは気をつけて歩きましょう。

 

ピンクの可愛い花も咲いていましたが、まだまだ冬の時期。でも、春から秋にかけては本当に綺麗な光景となると思います。

 

そして、この水辺プラザの上部には電線が少ないです。なので、青空を広角に眺めることができて、とても気持ちいい空が広がります。

 

こちらは天野川。天野川には水がありました。綺麗ではないので入ることはできないと思いますが、生き物はたくさん隠れていそうです。
そしてよく見ると、看板には「登録有形文化財 大阪の近代土木遺産」とあります。「天野川砂防堰堤」「尺治川砂防堰堤」「尺治川床固工」この3つの石積みの建造物が登録有形文化財なんだそう。もうすでに・・・漢字が読めん💦ってなってる私ですが(笑)

 

「天野川砂防堰堤」(あまのがわさぼうえんてい)と読みます。
この石積みの堤は、明治32(1899)年につくられた、大阪府内で一番古い砂防施設です。堤が土砂の流出を食い止めることで、今も災害を防いでいます。スロープ状の石積みの表面をゆるやかに落ちる水の流れが白いしぶきとなり、美しい水辺空間を作り出しています。と記載されていました。今のように機械で調整ができない時代の知恵が、今の私たちの生活も守っているのだと思うとすごいですよね。

 

子どもには難しい話かもしれませんが、こんな会話をしてみて日本の歴史を感じるのもいいですよね!うちの子はまだ字が読めないので、ママが看板読んだだけなのに、さも知ってるように話たら「ママ、すごいね!」って言ってくれて、(これもアリやなw)と心の中で思っていたのでした(笑)

 

これが天野川砂防堰堤。奥の水が白くなって下っているところです。

 

水は流れていく先には、そう天野川とつくので気づかれた方も多いはず。京阪電車交野線と同じように枚方市の方へと流れていき、枚方高校の横や枚方警察を抜けて淀川へと合流していきます。普段、電車から見えている川はここから来ているんですね。

 

この天野川砂防堰堤の前には、少し急な斜面があり、そこでは親子が斜面を滑って遊んでいました。ダイソーでも草滑り用のアイテムが売っていたり、またダンボールやレジャシートを使って滑っている方もいましたよ。結構スピードが出ていて、ひっくり返って爆笑して子どものように遊ぶ大人がいて、それも見てまた爆笑している子どもがいて、温かい笑い声で包まれていました。

 

この日は本当に気持ちいいくらいの快晴で、風は強くて冷たかったけれど、この大きく広がる青空を見ると、気持ちがスッキリとしました。なんて自然豊かなところだー!と叫びたいですが、ここは枚方市駅から電車1本15分ほどで到着できる大自然。子どもも大人も一緒になって大自然で叫びましょうー!!

 

沈む太陽をキャッチできちゃうかも(笑)