2020.04.25

おすすめ絵本教えてもらいました♪

絵本がたくさん読める保育
えほんのお部屋 ひまわり畑】の中谷先生に、
おすすめの絵本を教えてもらいました!

 

今回で第2弾になります!

 

またまた素敵なテーマで選んでくれています。

ご覧ください♪

 

 

~中谷先生からのメッセージ~
赤ちゃんが生まれたら、
いろんなところに連れて行ってあげたい。
お母さんはみんなそう思いますね。
でも、実際は特別な場所ではなく、
抱っこでご近所の公園やお買い物への通い道を歩く、
つまり、お散歩です。
今日は毎日のお散歩が楽しくなる絵本を紹介します。

 

 

 

 

14ひきシリーズの

14ひきのぴくにっく


参照:絵本ナビ
作: いわむら かずお
出版社: 童心社

 

優しい日の光の中、生き物すべてがきらきらしています。
言葉は絵の中をお散歩するきっかけをくれるだけで、
それ以外のわくわくが沢山かくれている絵本です。
ここにこんな花が咲いている!
ミツバチ見つけた!
絵をゆっくり楽しんでくださいね。
見ていると、優しい気持ちが溢れて、
自然と笑顔になってしまう絵本です。

 

 

 

 

どこで おひるね しようかな


参照:絵本ナビ
作: きしだ えりこ
絵: やまわき ゆりこ
出版社: 福音館書店

 

 

お腹のふくれた動物たちが、
お昼寝する場所を探しています。
そのそばには、可愛いお花や草の実があります。
どれも枚方の散歩道で必ず見つかる植物ばかり!
自分のお気に入りの場所で
ゆっくりくつろぐうさぎやくまに癒されますよ。

 

 

 

 

はっぱのおうち


参照:絵本ナビ
作: 征矢 清
絵: 林 明子
出版社: 福音館書店

 

 

雨でも平気。
もぐりこんだしげみの中で、
物語の主人公になったように夢中で遊ぶ女の子。
子どもの頃、同じ経験をした事はないですか?
私はあります。暗くなるまで家に入らなくて叱られました。
子どもは少し大きくなると、一人遊びをします。
それは子どもの心を育てる大切な時間。
お邪魔にならないよう、そっと見守りたい時間です。

 

今は、お外に出るのが怖いお母さんもいるでしょう。
そんな時は絵本の世界でたくさんお散歩してください。
絵を見て花の名前を覚えたり、春の温かな風を感じてみたり、
きっと穏やかな時間を過ごせると思います。
絵本でたくさん遊んだ後に、
少しだけ、本当にお散歩に出かけてください。
道端に生えている雑草が、絵本の絵と重なって、
あ、これはあの場面の草かしら?
これはねこのそばにあった草の実かしら?
気付きがたくさん見えてきます。
「無意識に見る」から「意識して見る」に変わる時、
たった数十分の散歩のなんと豊かな時間になる事か!
お母さんが、意識して見る力を持っていると、
子どももその力をつけることができます。
いつか、親子でお散歩するその日を楽しみに、
たくさん、絵本の世界を歩いてくださいね。

 

 

 

たねがとぶ


参照:絵本ナビ
作: 甲斐 信枝
出版社: 福音館書店

 

 

もっと興味が広がったお母さんには、
この絵本をどうぞ。
最後のしろつめ草の健気なこと。
こんな時だから、余計に勇気をもらいます。
毎日、辛いニュースが続いていますが、
どうか心穏やかに、お腹の赤ちゃんとの時間を過ごしてください。
散歩道のおよその植木に元気をいただき、
道端の草花達を見習って、したたかにたくましく生きていきたいですね。

 

 

 

ご協力してくれた、
えほんのお部屋 ひまわり畑さんには、
他にもたくさんの素晴らしい絵本があります。

 

 

詳しくは一度お問い合わせしてみてください。

 

えほんのお部屋 ひまわり畑
住所:大阪府枚方市香里ヶ丘12丁目6-28
Tel:090-6739-7064
HP:http://www.himawaribatake0303.com/