2021.07.24

色鮮やかなお花も堪能!市民の森は植物に囲まれた空間で撮影スポット満載

Haru探検隊が行く公園紹介!!大阪府枚方市楠葉丘2-10にある【枚方市市民の森 鏡伝池緑地】に行ってきました。前回は正門から管理事務所棟とメイン花壇を紹介しました。次はお花がいっぱいのエリアを探検していきます。

 

まずはバラ園と日本庭園のエリアです。家庭の庭に目的別に植樹する樹木を紹介しています。家の庭に植える際に、こんな大きさになるんだ、こんな風に咲くんだと知ってから購入するといいお庭になりますもんね!

 

例えば、こんなのや

 

こんなのがありました。大きなお庭の想定ですが、こんな風に飾ったらかわいいなとイメージが膨らみます。

 

ニュートンのリンゴの木もありました!!あの有名な話に登場する木の子孫!!ちょっとテンション上がったHaru運営部です。ぜひともリンゴが落ちるとこを見てみたい!

 

あずまやでは、談笑されている方もおられました。鏡伝池のすぐそばで、しっかりとした屋根があるので日陰になっていて、お弁当を食べるにも最適ですね!「あずまや」とは、屋根を四方にふきおろし、壁がなく柱だけの小屋のことを言います。庭園などに休憩所として設けるのですが、市民の森ではとっても風情ある光景でマッチしてますね。

 

日本の伝統的な庭の一つとしてある石庭もありました。そこにまるで水が流れているかのような光景に和歌を詠み楽しんでいた時代をイメージできます。

 

鏡伝池には魚もいるようで、あずまやの近くから見ることができました。子どもたちと一緒に生物発見ができますね!

 

あずまやを超えると、そこからは「花の小径」のエリアになります。不思議の国のアリスが迷い込みティーパーティをしたお庭をイメージさせる(伝わるかなぁ・・・笑)グリーンアーチ。こんな風になっている庭は異国に来たようです。

 

そんなイメージをしていたら、なんと「ヘレンケラーの枝垂れ桜」がありました。ヘレンケラーが1937年に来日した際に記念植樹した枝垂れ桜の子孫だそうです。

 

花壇には、手作りの織姫ちゃんと彦星くんがいました。あれ3人しかいない。

 

と思ったら、隣の花壇にいてました。ちゃんとペアになっていましたよ!

 

車輪が立てかけられている花壇。ここで写真を撮ると映えそうですね!

 

花壇と反対側には池が広がります。見る方向から池の景色も変わります。

 

寄贈碑もありました。

 

花の小径の終わりには、北門があります。ここから入ることもできますよ。

 

北門を過ぎると、ロックガーデンがあります。ここには、たくさんのあじさいが咲いていて、ため息が出るくらい綺麗でした!

 

丁寧に手入れされているからこそ、綺麗な形のあじさいになっているんですね!写真を撮るのもテンション上がります!

 

なんと、これもアジサイだそうです!!

 

こっちもあじさいだそうです!!こんなに種類があるなんて知らなくて、とてもかわいい花の形に女子心をくすぐられバシャバシャ写真を撮っていました!横には、いいカメラでじっくり撮影されている奥様もおられて、お話を聞いてみると、あじさいはここだけでなくあじさい通りと名づいたエリアもあるそうです。写真が好きな人が多く訪れて撮影をされているそうですよ!これだけ綺麗に咲いていると撮影したくなるのわかります!

 

見本園~花の小径~ロックガーデンと、とっても綺麗な花や草木があるこのエリア。とっても映える写真スポットですし、お散歩しても気持ちがいいエリアです。丁寧に管理され育てられている草花については、指定管理者の方に聞くといろいろと教えてくださりますよ!!

 

次は、子どもたちに大人気!トリムの森を探検しまーす!

 

枚方市公園一覧はコチラ

 

市民の森管理事務所
指定管理者 京阪ひらかたみどりグループ
住所:枚方市楠葉丘2丁目10-1
TEL:072-850-2274
HP:http://shimin-mori.com/