2021.05.17

七夕伝説にもゆかりのある観音山公園は親子ハイキング気分でどうぞ!

Haru探検隊が行く公園紹介!!今回は、大阪府枚方市香里ケ丘12丁目6−16にある【観音山公園】です。

 

けやき通りから2本通りを入った道沿いの住宅街の中にあるこの公園は、地図で見ると横長。実際に行ってみると、木や草が生え茂る小高い山でした。看板には、「牽牛像・歌碑・牛石」とあります。何かがあるのは確かです!ドキドキ。

 

いきなり見た目からして、心臓バクバクしそうな階段があります。

 

ちょっとフラットな階段も続いています。この階段を登りきると・・・

 

なんかいるー!!とっても立派な人と牛!!

 

これが入り口の看板にあった「牽牛像」(けんぎゅうぞう)です。2007年7月7日の全国七夕サミット開催記念として建てられた模様。現在の枚方市、交野市のあたり一帯は平安時代の頃は「交野が原」と呼ばれ、日本に於ける七夕伝説発祥に地と伝わっています。平安時代初期、桓武天皇は「交野が原」に北極星を祭り国家の安泰を祈願し、たびたび狩猟を楽しんだといわれているのです。

 

枚方のマスコットは「ひこぼしくん」この人はその彦星なのでしょうか。織り姫の交野市を向いてるのかと思いきや、見ている方角は「北」。天の川や織姫・彦星の見える方角方向は、東の空のようなのですが、この人はいったいどこを見ているのでしょうか。
調べてみると、地元に伝わる七夕伝説では『交野市の織物神社に祀られている織姫と枚方市の観音山公園にある巨石「牽牛石」が年に1度(7月7日)に天の川(天野川)に架かる逢合橋で出会い、逢瀬を楽しむ』のだそうです。ということは、そう!!この人は、天野川を見ていました!ス・テ・キ☆

 

そして、コヤツ(牛)も見ている・・・(汗)見ているのは・・・私だ!!!お顔が凛々しいですね!!牛さん!

 

隣には、万葉歌人山上憶良の歌碑があり、『牽牛(ひこぼし)の 妻迎え船 こぎ出らし 天の川原に 霧の立てるは』が刻まれ、いかにも七夕伝説の公園という雰囲気があります。

 

彦星像の奥の細い道を進んでみると、辿り着いた先にあったのは大きな石。そう、これが「牛石」(牽牛石)です。

 

観音山公園の一番高いところに鎮座している牽牛石は、高さ約1m、幅約2mの巨石で牛の形に少し似ています。でも、なんと自然石。人の手が牛の形にしたわけではないようです。

 

この牛石があるところは行き止まりですが、ここは一番高いところにあるだけに眺めが最高!!遠くまで一望できました!!

 

牽牛像を挟んで、牛石とは反対側へ行くと広場が広がっていました。ベンチもあります。

 

こちらでは、おじさんが体操をしています。健康のために訪れている方も多いようです。

 

写真では広さがあるのですが、公園としてボールなどで遊べるような広場ではない感じです。

 

お地蔵さんたちもいました。お花があったので、お供えしてお地蔵さんのお世話をしてくれている方がいるんですね。ありがたいです。

 

どうやら「中山観音寺跡」なので、お地蔵さんがあるようです。出土遺物があるようで、歴史が眠っているんですね!

 

石碑もあるんですね!こんなに大きな石、運んだのか削り出したのか、こういうこと考えると歴史好きはきっと止まりません(笑)

 

周辺には、この牽牛をモチーフにしたキャラクター「けんぎゅうくん」が、こどもたちに注意喚起をしていました。かわいいし、ベルト部分の「香陽」の字がうますぎてびっくりしたHaru探検隊でした!

 

こどもたちと遊ぶ目的よりも、運動がてらのお散歩にいい公園でしたね!小さいお子さんは牛石のところなどは危ないですが、広場には草花もあるので自然を楽しんでお散歩できそうです。