2022.03.10

枚方市の公立保育所では2022年4月より使用済みおむつの持ち帰り廃止

保育園ママに嬉しいニュースです!枚方市では、2022年4月より公立保育園での使用済みおむつの持ち帰りを廃止すると決定されました。0歳、1歳、2歳のお子さんがいる保護者さんには保育園より連絡が来ているかと思います。ただし、障害のある子どもを持つ保護者さんには0歳、1歳、2歳でなくてもおむつの使用が必要な方へは、保育園より個別に連絡があります。

 

枚方市議会議員の木村亮太さんが発行する市政報告19に掲載されておりました。対象となるママたちにとっては、ありがたい話ですね!

 

保育園での使用済みのおむつを持ち帰ったママの話では、複数枚の水分を含んだおむつは重く持ち帰りが大変だったり、匂いもやはり出ますし、便がついたままで返されたこともあるということを聞きました。親としてはお世話していただいてありがたいことではありますが、週末は布団も持ち帰らなければならない状況で、使用済みおむつも抱えて、自転車で送り迎えする保護者の負担は確かに大きかったです。それを考えますと、保育園で処分していただけるとなれば嬉しいです。

 

まだ連絡がないというママはぜひ保育園に問い合わせてみてください。一部の私立保育園ではまだ対応されていない場合もあります。4月に入園するママも確認してみてくださいね。