2022.02.28

2023年新1年生も今がチャンス!ランドセルが一番安い時期とは?

新1年生を迎えるパパとママが頭を悩ませるランドセル購入活動、いわゆる「ラン活」です。できるだけ安く手に入れたい!という方は、2月末から3月初めが注目の時期です。ランドセルの価格の幅は広く、どこまでこだわるかによりますが子ども自身にそれほどこだわりもないのであれば、10,000円で購入することができる商品もあります。2023年新1年生にとったら、2022年モデルは旧モデル扱いになり、価格が下がるからです。平均でも5万円、高額で10万円近くするランドセルですから、できるだけ安く購入することができたら助かりますね。

 

写真は、くずはモールにあるイズミヤで2月26日時点での販売の様子です。現品限りではありますが、10,000円と15,000円のランドセルがありました。見たところ、機能性や色や大きさなどに差がなく、十分じゃないかなーといったところ。

 

こちらの棚では、本体価格50,000円のあんふぁんのランドセルが、半額の25,000円になっていました。装備品の細かい差による値段の違いがあり、予算が許すのであればこちらを選んでもとてもお得な感じがします。

 

とはいえ、ランドセルを持つのは子ども!ですから、子どもの意見を尊重されている親御さんが多いですよね。1番のポイントは、「色」だと思います。値段が安くなっているランドセルの色は、黒か赤しかなく、他の色がいいと思っている子ども本人が絶対拒否!ってこともあるでしょう。女の子はとくにかわいい色を選びたいものです。2月末から3月初めの時期では、54,000円のランドセルが3割引きになって37,800円になっている商品もあります。この価格だと色が選べますよ。概ね、メーカーの早割りでも50,000円台なので、この価格でも十分お得です。

 

こだわりたいハイブランドのランドセルでは、値段としては決してお安くない価格ではありますが、1割引きになっています。1割引きでも、63,000円するので、これは悩んでしまうかもしれませんね。

 

いずれのランドセルも、カスタムをしたり名前の刺繍を入れたりのサービスは付いていません。それらをしたい場合は、5月前ごろから始まる各メーカーの展示販売会にて実際に実物を見て選ぶことをオススメします!価格優先ならば、2月末から3月初めに購入がオススメです!

 

6年間持ち続けてもらうものだからこそ、子どもの意見を1番に考えたいですよね。おじいちゃん、おばあちゃんの力も借りつつ、ラン活を親子で楽しくしてほしいと思います。

 

枚方市には嬉しい制度もあります。まだ来年度の情報は発信されていませんが、新しい情報が発信された際はお伝えできればと思います。

【ランドセル購入の際は枚方市社会福祉協議会の補助制度をチェック!】

【ランドセル購入補助が今年もあります!枚方市社会福祉協議会からのお知らせ】