2022.02.26

くずはモール『環境広場』学びの機会になる展示イベント

枚方市と枚方市内の事業者とで組織する枚方市地球温暖化対策協議会の省エネイベント「環境広場」が、くずはモール1階グランドアトリウムで毎年開催されています。2021年は中止になっていますが、2022年は3月5日(土)・6日(日)10:00〜17:00に開催されます。エコカーの展示や省エネアドバイザーによる相談会、地球温暖化防止・省エネについての取り組みの紹介など盛りたくさんです。また、ワークショップ「水素で動かせ!ミライのクルマ実験教室」では、水素エネルギーや水素燃料電池自動車の仕組みについて学び、水の電気分解や水素を使ったオリジナルの燃料電池ラジコンを動かします。

 

(写真引用:枚方市環境政策室https://www.city.hirakata.osaka.jp/0000022580.html

使用してもCO2を排出しない次世代エネルギーとして期待されている水素。水はもちろん、石灰やガスなど多様な資源から作ることができます。エネルギー資源として見た場合、この2つの点が大きな特徴です。

 

日本だけでなく、世界中でもゴミの問題や温暖化問題などの環境問題は多様にあります。地球の温暖化による弊害は、私たち親が子どもの時から言われ続けています。自然の力を利用するだけでなく、今後の未来のために資源を活用したエネルギーの活用は、令和以降の未来を切り開いていく子どもたちにしっかりと伝えて、大人になってより効果的な活用をしてほしいと思いますよね。エネルギーについての専門家ではない親たちが子どものためにできることは、学ぶ機会を作ることではないでしょうか。

 

理科の授業での実験が楽しくなる小学4年生から小学6年生が対象となっている「水素で動かせ!ミライのクルマ実験教室」では、ラジコンを動かします。ただのラジコンではなく、その原動力は水素を使ったオリジナルの燃料電池です。その燃料電池ができるために必要な水の電気分解や、水素燃料電池自動車の仕組みについて学ぶことができます。まさに、学校では教えてくれない授業ですよね!しかも、無料!社会の仕組みを知る貴重な機会ではないでしょうか!ぜひ参加してみてくださいね!

 

『環境広場』
日時:2022年3月5日(土)・6日(日)10:00〜17:00
場所:くずはモールヒカリノモール

『水素で動かせ!未来のクルマ実験教室』
※2月25日確認時点で予約で埋まっています。
日にち:2022年3月5日(土)・6日(日)
時間
10:30〜、11:30〜、13:30〜、14:30〜、15:30〜(各40分程度)
場所:くずはモールヒカリノモール
参加費:無料
定員:50組先着順
申し込み:専用フォーム(https://logoform.jp/form/H276/57490)より

 

詳しいお問い合わせはこちら
環境政策室(環境保全担当)
電話:050-7102-6003

 

参照・参考サイト
枚方市HP
https://www.city.hirakata.osaka.jp/0000037979.html

経済産業省資源エネルギー庁
https://www.enecho.meti.go.jp/about/special/johoteikyo/suiso.html