2021.11.22

病院内保育士を経て地域の親子のためにボランティアをする先輩ママ

マタニティチャームズのろくちゃんです!!先週に引き続き、マタニティチャームズが津田生涯学習センターで開催するふれあいルーム、通称「アルンアルン」のスタッフをご紹介します。ろくちゃんの娘が「お店のパンよりおいしい!」と絶賛しためちゃ美味しいパンを作るよっちゃんです。ろくちゃんとのご縁が近くなったのは、家が近所だったこと!歩いて3分くらいで着く距離に住んでいることがわかり、さらに仲良くなりました。おうちでパン教室をされていたので、ろくちゃん家にロシア人の留学生が来た際には、パン作り教室をお願いしたり、トルコ人が来た時にはよっちゃんの息子ちゃんやお友達も一緒に花火をしたりと遊んでいたんです。いつも明るく声をかけてくれるよっちゃんに元気をもらっています。マタニティチャームズの想いに賛同してくれて、今はふれあいルームのスタッフとして活躍してくれています。

 

それでは、自己紹介していただきましょう!

 

はじめまして。マタニティチャームズのふれあいルームをお手伝いさせていただいてます、ママと子どもの笑顔が大好物のパンオタクのよっちゃんです。小学3年生の甘えん坊息子のママです。

 

短大の保育科出身、発達心理学のゼミに所属し保育士と幼稚園教諭の資格を取得しました。

子どもが大好きで保育士を志しましたが、短大時代に泊まり込みで10日間行った教護院での施設実習で考えさせられることがたくさんあり、子どもとの関わりと同時に保護者との関わりもしっかり持てる保育士になりたいと思いました。その想いから、保護者との距離が近い神戸市内の病院内保育室で保育士として約8年間勤務しました。

 

保育室が閉所になり退職した後は京都市内の1次救急の救命センターで医療事務、その後出産前まで心療内科で医療事務、と保育からは暫く離れました。

 

出産間際に枚方市へ引っ越してきましたが、妊娠中経過が悪く入院したり自宅安全の日々。経過が悪かったこともあり、病院も枚方へ転院せず職場近くの病院での出産を選んだので、産後孤独な日々を送っていました。

 

そんなわたしを救ってくれたのが、地域の子育て支援の場でした。ただただ、誰かとお喋りしたりできる事が嬉しくて楽しくて。そこで友達になったママ達と居場所作りのために子育てサークルを立ち上げました。息子が幼稚園へ行くようになり時間に余裕ができてからは、子育て井戸端会議の保育ボランティアをはじめ、現在は小学校へ絵本の読み聞かせにお邪魔させてもらっています。

 

常に子どもとママと関わっていたい!ママに楽しく美味しい時間を!との想いからお子様連れOKのパン教室も口コミで開催しています。

 

ふれあいルームでは、絵本の読み聞かせや制作を通じて子ども達に楽しく豊かな時間を過ごしてもらいたいとの想いと、ママ達のココロが少しでも軽くなる場所になれば良いなとの想いでお手伝いをさせていただいています。

 

ママが笑顔だと、子どもも笑顔になる。笑顔になるためのお手伝いが、少しでもできたら嬉しいです。ふれあいルームでお会いできるのを楽しみに待ってますね。

 

いるだけでその場の雰囲気を明るくしてくれるよっちゃん!子どもたちの心も瞬時に掴んでいる頼もしい存在です。ママたちにも元気を届けてくれるので、ぜひ一度よっちゃんとお話しに来てくださいね!

 

マタニティチャームズ
TEL:080-5336-5693
LINE ID:@iru9527i
HP:https://maternitycharms.jimdofree.com/
Instagram:https://www.instagram.com/maternitycharms/

 

マタニティ&産後ママサークル オプルオーゴ
LINE ID :@252dozoi
Instagram:https://www.instagram.com/opluogo/

マタニティさんと産後ママはメンバー登録をしてください!入会金や年会費は不要。メンバーにしかない特典やイベントがあります。
メンバー登録はこちら(クリックして開きます)