2021.11.01

ひらかたパークでママが映え写真にチャレンジ!子どもの表情や仕草に注目

家族でテーマパークに行くと、ママは子どものお世話はもちろん、自由に走り回る我が子を追いかけ、汗かいて走り回り、パパは抱っこマンと化した我が子を延々と担いで体力を消耗する。あるあるですよねー!!なかなかじっくり写真を撮る暇もない!けど、ひらかたパークはそのまんまで思い出写真がたくさん撮れるんですよ!スマホやコンパクトなカメラでパッと撮る子どものワンシーン。どんな写真が撮れるのでしょうか。

 

今回、ひらぱーに遊びに来たまなみママとことはちゃん(2歳)とはるとくん(5か月)に同行させていただきました!まなみママがことはちゃんを撮影してくれました。

 

ひらかたパークに入って、ハロウィンの飾りを見たことはちゃん!テンション上がって走り出します。その瞬間をスマホでパシャ!

 

「見てー」と得意げにジャンプ!!しゃがんで、スマホのカメラを広角にして、下からのアングルでパシャ!動きある写真になりました!

 

「はい!行くよー!」元気なことはちゃん!これは一緒に走りながら、スマホでパシャ!ちょっとボケてもいい感じ!スマホは自動でやってくれること多いので助かります(笑)

 

大きなイチゴを見つけて、ことはちゃんはパクっ!子どもがよくしてくれる「あーん!パクっ!」としている一瞬。かわいい表情ですねー!大きなポスターだからこそ子どもと一緒に撮ると映える!

 

頭の上を走るジェットコースターに釘付け!

 

「乗りたいなー!」待ち時間の後ろ姿。

 

「ここ綺麗!」綺麗なものを素直に感じる子どもの心、素敵ですね!バラのトンネルを通れば、奥には愛のキューピッドがいます。「ことはちゃんにはまだ早いよー!」とパパの声が聞こえてきそうです(笑)

 

ローズガーデンで見つけた!大人では気づけない地面にあるものも、子どもには大きな発見!その後ろ姿は好奇心で溢れてますよね!

 

いっぱい走って疲れたらジュースを飲んで休憩。光が横から入っていい感じですね!

 

ちょこんと座る後ろ姿に萌え(笑)

 

休憩して、再び元気なことはちゃん。大きなカボチャではなく、その傍にある小さなカボチャに手を伸ばす。子どもの興味の視点を捉えた1枚ですね!

 

「はい、どーそー!」大きなカボチャの横にあったカボチャが採れてご満悦です!

 

「見て、こっちもー!あ・・・」説明してる傍から、興味は次から次へと移る。見えるもの全てが楽しいんだなーと思わせてくれます。

 

カボチャに手を伸ばす小さなおてて。こんなシーンもママにとったら、感慨深いですよね!

 

「おはなさーん!」もうことはちゃんは妖精かしら?と思えました(笑)

 

大きな長い階段も、「うんしょ、うんしょ」と一生懸命に登ります。一人で登れるようになったのかー!成長が見れて嬉しいですね!

 

「降りるのも一人でできるよー!ママは下で待っててねー」と、お姉ちゃんになり頼もしくなりました!

 

身長を測るためではなく、並んで写真を撮ってと言っています。身長を測る場所だとはわからないながらにしっかり立っています。ママにとったらシャッターチャンス!

 

「みて、うつってる!」ポールに写る縦に伸びてる自分を発見!!こんなところ発見できないなー、子どもってすごいなー!と感心させられた瞬間です。

 

ママが撮る子どもの姿は、どれも素敵ですよね!!ことはちゃんの自然な表情も素敵です!抱っこしたり、並んで昼食を買ったり、おむつも換えたり授乳したり。幼い子どもとのお出かけは大変な部分も多いですが、何より子どもが「楽しかった!」と言ってくれることは親として嬉しいです。こうやって写真を見返したとき、一人でじわっと感じる子どもの成長と思い出に母は弱いのです。写真って必ずその時の思い出がくっついてきますよね。ママが撮るからこそ、その思い出は深く色濃いのだと思います。あなただけの写真をひらかたパークで残してみましょう!

 

こちらの記事も参考に

【枚方市民必見!もう予約した?ひらかたパーク無料招待6万人!】

【枚方市民は無料招待あり!ハロウィンのひらかたパークで楽しもう!】