2021.10.28

[広告]ママと赤ちゃんの歯を守るために家族でできること

歯と口のトラブルを未然に防ぎ、安心して赤ちゃんとの生活を迎える準備をすることが重要です。小さなお子さまからご年配の方まで、ご家族皆さまが安心して通えるふくろう歯科の有江先生に、歯の健康を守るためにできることを教えていただきました。枚方市上島東町にあるふくろう歯科さんは、土日も開院されているのでお休みの日でも通いやすいですよ♪

 

ママの歯の健康も大切。妊婦さんの歯科受診は妊娠中期が受診しやすいです。安定期に入るとつわりも落ち着き歯ブラシもできるようになってくると思います。確かに一安心なのですが、やはり通常の状態からすると妊娠中はホルモンバランスの関係もあって歯肉炎にはなりやすい状況だったりします。そのため体調をみながら、歯科検診を受診していただき定期的な清掃をしていただくのがオススメです。

またこの時期になると比較的治療も妊娠中という制限を受けにくいので、出産を迎える前に痛みが出てしまいそうな歯がある方はぜひこの時期に治療してください。妊婦さんが使っても大丈夫な薬剤を使ったり、短時間で済む処置を行うなど、母体に配慮した治療が行われます。

 

生まれてきた赤ちゃんの歯はいつ生えるのでしょうか?新生児のお子さんは歯が生えていませんので歯科の視点からは特に何かをするということはありません。しかし、稀に生まれた時にすでに歯が生えている赤ちゃんもいます。その場合は受診が必要になりますので、歯科医院にご相談ください。そのような場合を除くと、通常であれば大体一歳くらいから受診可能です。子どもの歯が少し顔を覗かせてきたくらいから、フッ素を塗ってあげると歯に吸着するフッ素も効果的に効きます。
さらに早い段階から歯科医院に受診する目的は他にもあります。

 

歯医者さんは怖くないところ?予防することも大切です。早い段階から歯科医院に受診することで、お子さんの歯科に対するイメージが『怖いところ』というふうに思ってしまう前に『歯医者さんは怖いことをしない所』と安心してもらうことです。上手く気持ちを誘導して『歯医者さんは楽しい所』と思ってくれるようになればとても良いです。最近は子どもが楽しく通える工夫をしている歯医者さんも多いです。怖いというイメージがなくなれば、万が一虫歯になってしまっても治療するときに暴れてしまったり泣いてしまったりする可能性が減り、治療自体がスムーズに出来るケースが多いです。

 

お子さんも出来るだけ早い段階で定期検診を受けていただき、口内トラブル予防に歯科医院に行くことを習慣にしていただければ幸いです。

 

詳しいお問い合わせはこちらから
ふくろう歯科
住所:枚方市上島東町1-3
TEL:072-845-6210
11月30日までの診察時間
月・水・金9:30~12:30/14:30~19:00
火・日10:00~12:30/14:30~18:30
土10:00~12:30/14:30~19:00
休診日:木曜・祝日

※12月1日から診察時間変更
月・水・金・土9:30~12:30/14:30~19:00
火・日9:00~13:00
休診日:木曜・祝日

HP:https://fukurou-dental-clinic.com/