2021.10.17

突撃訪問はちょっと待って!保育園入園手続きは混雑しやすいので事前準備を

今年もあとわずか。もう来年度の進級についての話題が出てくる時期となりました。年度変わりの4月から保育園に入れたら仕事復帰しようかな。育児休業が終わるタイミングでちゃんと保育園に入れるのかな?と思いながら、市役所の保育幼稚園入園課に相談に行ったり、手続きについて調べたりされると思います。4月入園の申込期限も年内であるからこそ、この10月から12月にかけては、保育園の入園に関する相談が多いのです!!

 

今から窓口に駆け込もうかな?と思っているママ!!幼い我が子を連れて、保育幼稚園入園課に突撃訪問するのは、ちょっと待ったーーーー!!

 

保育幼稚園入園課は、枚方市役所別館の5階にあります。窓口の前には、キッズスペースもあり、目の前にトイレもあり、授乳室もあるので、子連れでも行きやすいです。ですが、突撃訪問すると恐ろしく時間がかかる場合があります。窓口に行くと、まずは番号札を取ります。この時点で手の空いてる職員さんがおられたら、すぐに呼ばれます。ですが、窓口が埋まっている、さらに番号札の番号を見て人数を数えてみると「めっちゃ待たないとあかん!」となるパターンもあります。こうなると、子どもは待てないので泣きだしちゃったり、グズッたりすることもあると思います。お互い様ではあるんですが、周りの人へ迷惑かけてしまうかもと感じると、番号札を戻して帰っていくママさんもおられます。ママにとったら、我が子の不機嫌と出直さなきゃいけない手間で、ドッと疲れますよね。

 

そうならないためにも、計画的に保育幼稚園入園課に行くことをオススメします!現在、保育幼稚園入園課の窓口の過密状態を避けるため、受付窓口の数を縮小して対応されています。さらに、相談できる時間は、最大40分程度としています。ただでさえ混むのに、縮小しているので混雑もするし、待ち時間も長くなる可能性は高いです。

 

窓口の混雑状況の傾向としては、午前中から昼過ぎが非常に混雑するようです。狙い目は、朝イチの業務開始時間9:00か夕方16:00前後が良いかと思います。今、何人の人が待っているのかはこちらのページ(http://www.neconome.com/pc/view/hirakatahoiku/index.html)で確認できます。行くつもりの曜日や時間帯を予め見ておいて、どれくらいの待ちがあるのか確認するのもいいかもしれません。単純計算ですが、概ね1人あたり40分としても、待っている人数によってはかなり時間がかかってしまうかもしれません。

 

すでに相談をされていて、入園に関する書類の提出や変更手続きの書類の提出だけの場合は、郵送で済まされることオススメします。書類の提出だけであっても、窓口に行くともちろん番号札を取って順番を待たなければいけません。3秒で終わる提出に何時間も待ちたくないですもんね!入園申込書や労働申告書の書類は郵送しましょう。

 

さらに、出産前(妊娠中)の方または枚方市に転入予定の方は、ビデオ通話で保育所(園)の新規利用に係わる事前相談ができます。事前に予約は必要にはなりますが、大きなお腹で市役所まで来たり、わざわざ枚方市外から手続きに来て、何時間も待つのは大変です。こちらのページ(https://www.city.hirakata.osaka.jp/kosodate/0000036052.html)を参照して、ぜひビデオ通話での相談も活用してください。

詳しくはこちらも参考に【妊娠中や枚方市に転居予定の方を対象にビデオ通話で保育所相談ができます。】

 

保育幼稚園入園課の窓口での待ち時間は、実は私も経験済み!!時間がかかって、グッタリしたことを覚えています。何より付き合わせて泣いてる我が子に申し訳ないなって気持ちにもなりました。コロナ対策にもなるし、子どもにも負担をかけすぎないように、旦那さんや祖父母に預かってもらう、空いてる時間を狙う、書類は郵送で済ますなど、賢く入園申込をしてくださいね!

 

参照・参考サイト:枚方市ホームページ
https://www.city.hirakata.osaka.jp/0000028910.html