2021.10.14

離乳食作りアイテム「アイラップ」我が子の笑顔のために頑張るママの味方!

【『枚方ママに聞く』ほっとくだけで完成!調理家電で夕食が簡単に♪】でご紹介したホットクックの記事を見て、「ホットクックのように、ほっといても柔らかくなる離乳食に使える便利なグッズがありますー!」とHaruの読者ママさんからレポートをいただきました!情報、ありがとうございますー!!

 

教えてくださったのは、【乳幼児期に必ず使うグッズが100円で買える!冬に活躍する鼻水を吸う商品】を教えてくださったまなみママとはるとくん(5か月)とことはちゃん(2歳)の親子です。

 

はるとくんは離乳食がスタート!!ことはちゃんの離乳食の時には知らなかったので小鍋でコトコトと野菜を茹でていたそうですが、この商品を知ってからはほとんどの野菜は鍋で調理していないです!と、とてもオススメな商品だそうです。

 

その商品がこちら!【アイラップ】パッケージにもあるように「袋のラップ」だそうです。40年以上愛されている商品なので、実家にある!使ってる!って方もおられるかもしれません。60枚入りで、とあるお店では138円(税抜)で販売していました。1枚あたり2.3円です。

 

パッケージの裏面には、「冷凍、熱湯ボイル、電子レンジもできる。何かと便利な大き目サイズ」とあります。冷凍・冷蔵で食品や料理の保存ができる!電子レンジで使える!のは、ラップと同じですが、違う点は「そのまま熱湯に入れて解凍・蒸す・温めるができる!」ってところです。

 

まなみママが、アイラップの大きさをスマホと並べてくださいました。マチもあるので、とても大きいですね!たくさん入るので、作り置きしても安心です。

 

それでは、離乳食を作っていきましょう!大根とキャベツの離乳食を作りますよ!

 

まずは切る!大根は角切りにしていきましょう。キャベツも同じようにカットしてください。

 

カットしたら、そのままアイラップへイン!!

 

口を結んだら、準備完了!切って入れただけ!

 

アイラップに入れた野菜たちは、鍋に入れるのではなく、ご飯を炊く準備をした炊飯器へドボンッ!

 

普通に炊飯を押して、あとはそのまんま!早炊きでは柔らかくならないのでご注意を!

 

ご飯が炊きあがると、アイラップの野菜たちにも火が通って完成!!ホクホクの状態になっています!

 

柔らかくなった野菜は、月齢に合わせた形状にします。5か月のはるとくんは、離乳食初期のトロトロ状態にしています。これもブレンダーで潰すだけ。出来上がった離乳食は、【ぴよぴよ離乳食講習会に参加して作ってみたよ!初めての離乳食実践】で紹介しましたダイソーの「レンジで使えて型崩れしにくいお弁当カップ」と「お弁当作り置き冷凍トレー」に入れて保存も完了です。

 

それでは、実食!!「お、なんだ、これは!?」なお手てに見えるのは私だけでしょうか(笑)

 

「めっちゃ美味しいやーん!」とニコニコ笑顔のはるとくん。スプーンも奪ってしまってます!

 

毎日の食事になる離乳食は、初めて作るとなるとどうしていいのかわからないことも多いです。保健センターでの離乳食講座などに参加して学んだり、本で学んだりしておられると思います。ママが離乳食作りを頑張れるのは、我が子のこの笑顔を見れるから!と言っても過言ではない自分の手作りが喜んでもらえる時があるからです。私も、子どもにとっていいものを!と、素材などにこだわったりして、調味料だって自分で作った味噌で味噌汁を食べさせる!と味噌も作り出したりしていました。もちろんそれはとても美味しくて、結果、家族にとっていいのですが、1番の隠し味はママの愛情!!ママが楽しく、美味しく、ご飯作りができることが何よりも美味しくなる要素ではないでしょうか。今回、まなみママが教えてくださった工夫も、はるとくんのこの笑顔のための工夫ですよね!笑顔のためにママは頑張れる!離乳食作りの工夫にぜひ参考にしてください。

 

参照・参考サイト:岩谷マテリアル株式会社HPアイラップ商品ページ
https://www.imcjpn.co.jp/product/a/001_001.html