2021.09.22

あなたの保育園探しのヒントに!枚方市の保育園を知る情報をご紹介!

働くお母さんにとったら、頼りになる存在である保育園。保育園に預けることができなければ、仕事に行くことも難しいですよね。子育てにおいて親と二人三脚になって、子どもを一緒に育ててくれるパートナーのような存在でもあります。保育士さんたちの子ども目線に立った愛のあるお世話に、親としての発見もあったり、気づきもあったり、我が子の意外な一面を知れたりと、卒園するときには感慨深い感情でいっぱいになります。保育園に入園してからこのような思いを感じられるのですが、これから入園させるママたちにとっては、どんな保育園が枚方市にあるのか気になるポイントだと思います。

 

『初めはどうやって保育園を探す?』
保育園を探すときは、みんなどのように探しているのでしょうか?私の場合は、自宅の近所にある保育園の位置を地図アプリでまず調べていました。また買い物や普段のお散歩時に園舎を発見して、「ここにあったのか!」とまるで探検のするかのように見つけていました。マップをみて位置がわかった後で、園舎を見に行って外観を見たりもしました。仕事に行くのにアクセスしやすいのか、保育園周辺の環境はどんな感じなのかも気になったからです。車で行くなら?自転車で行くなら?それによって通るルートも変わります。その辺をざっくりわかったら、HPを見に行ってどんな保育内容かを見てみたり、インターネットを使って情報を探していました。枚方市のHPでも、市内にある保育所(園)や認定こども園・小規模保育施設も一覧で掲載されています。ここで、住所を見て近所かどうかを知るのもいいと思います。

 

保育所(園)一覧
https://www.city.hirakata.osaka.jp/0000016365.html

 

認定こども園一覧
https://www.city.hirakata.osaka.jp/0000016366.html

 

小規模保育施設
https://www.city.hirakata.osaka.jp/kosodate/0000002166.html

 

『保活のプロセス』
インターネットで情報を把握したら、次に市役所の保育幼稚園入園課に相談に行きました。もちろん入園手続きのできる部署ですが、相談だけも聞いてくださいます。窓口にいけば、各保育園の概要が記載された情報もくださいます。制服があるのか、食事はどんな内容か、裸足保育なのかなどの細かいことも職員さんたちは把握してくださっているので、とても参考になります。いつ頃から民営化されたのかもわかるので、保育園の歴史もわかります。同時に、自分の点数についても相談ができます。現在の状況では、何号認定になり、保育料はいくらで、申込順番は何番目になるのか。これがはっきりすると、保育園に通うイメージも膨らみます。そして、そこから入園したい保育園の空き状況を教えてもらい、育児休業が終わる子どもの1歳の誕生月に入園できるのか、早めて4月入園にするのか、1年半の育児休業の延長も視野にいれておかなければいけないのか、現実が見えてきます。もちろん転居や辞退などもあるので状況は変わりますが、道筋ははっきりするでしょう。

 

『保育園情報は地域のママに聞く』
私が1番参考になったのは、やはり入園されている先輩ママからの情報でした。親目線での保育園の生活について教えてくださり、我が子にとってどうかな?と考える材料になっていました。生活スタイルは人それぞれではありますが、朝早く預けることや長く預けること、1歳を迎えずに預けることにもどかしさを感じたり、自分に仕事と育児の両立のできるのかなどの見えない先の不安についても、先輩ママからの話はこれからの要素を前向きに変えるきっかけでもありました。

 

『情報は多方面から得る』
枚方市のホームページにある一覧では、保育の内容や雰囲気までは伝わりません。市役所の窓口に相談してもおそらく全ては見えてこないでしょう。情報は多方面から得たいですよね!枚方子育て通信Haruでは、保育園について知りたい!という声をいただき、枚方市にある保育園の様子を取材させていただきました!

 

香里敬愛保育所
【園舎の見学で感じる!園長先生の想いが込められた香里敬愛保育所】
【夏を楽しんで!子どもを主体にのびのびと安全に過ごす保育所】
【園児が安心して過ごせる理由は、こだわりの保育環境にあった!】

 

中宮まぶね保育園
【保育士からママへのお便りが気になる!枚方市中宮の保育園に潜入】
【保育園の帽子がひと工夫で可愛くなる♪取材時に見つけた嬉しい取り組み】

 

ぜひ参考にしてみてくださいね!