2021.09.23

感謝の想いをつなげる100均で作るキーホルダー『敬老の日エピソード』

家族が増えていくルーツには、私を産んでくれた父母がおり、また父母を産んでくれた祖父母がありと代々辿っていくと、私ができるまでに長い長い歴史があることを感じられます。日本は特にご先祖様を大切にする風習が根付いており、その気持ちの連鎖を感じる時に温かい文化だなと思うのです。そして、国民の休日としてみんなで感謝しましょうとしていることは素晴らしいです。結婚し、子どもができ、父になる。結婚し、妊娠・出産し、母になる。この経験は、人生の機微に触れるとても大切なものであります。目の前にいる我が子の笑顔を見ると、ふとそんなことを思うときがありました。

 

普段の生活の中では、なかなかそれを伝えることができないですよね。仕事・子育て・生活するのに忙しく、ましてやコロナ禍によってさらに会いにくくなっている今だからこそ、しっかりと伝えたいなと思う時ができてくると思います。9月20日の敬老の日は、まさにそのタイミングでもありました。

 

Haruを愛読してくださっているまりこママとはなちゃん(5か月)から、「敬老の日に思いを伝えたいと思っているのですが、何かいいアイデアはないですか?」とリクエストいただき、【100均で作る!オリジナル写真を祖父母が喜ぶ敬老の日プレゼントに♪】でご紹介したキーホルダーを提案しました。完成したキーホルダーに、まりこママも「渡すのが楽しみ!」と喜んでくださっていました。

 

そして、敬老の日にまりこママは自分のひいおばあちゃんのところへはなちゃんと行き、プレゼントしたそうです。まりこママのひいおばあちゃんは94歳。孫とひ孫の訪問にとても喜んでいただけたとのことでした。キーホルダーを見て「まぁ~可愛い!大きくなったねーありがとうね」と話されていたそうです。他のご親戚の方にも、このキーホルダーを見せてくださり、「嬉しい!これを見たら元気が出そう!」「かわいい!」「ハンドバックに入れて持ち歩けるね」「でも、ちょっと字が小さいねー」と反応があったそうです。字が小さいのは教えていただいて、ハッとしましたがデザインとしては素敵と言ってくださったようで安心しました(笑)

 

はなちゃんがもたらしてくれた家族のつながり。「はなちゃんが大きくなって、私がおばあちゃんになっても、同じようにまたかわいい孫やひ孫が見れて、私が歩んできた人生を振り返りこんな幸せな時が訪れるかもしれないと思うと、母にしてくれてありがとうと思います。新米の私をいつも温かく見守ってくれている家族に、本当に感謝できる日となりました。」と、まりこママは話してくださいました。

 

Haruの中で紹介していることで、このようなエピソードをいただけて大変嬉しく思っています。枚方で子育てを頑張るママたちが、Haruを楽しんで見てくれるようにこれからも様々なニュースをお伝えしていきますね!

 

みなさまの子育てエピソードを募集しております。毎月ご応募いただいた中から抽選で当たるプレゼントもあります。応募するだけで必ず当たるものもありますよ。子育て中の一場面を写真に収めて送ってください♪どんな場面の写真なのか、エピソードも記入してもらえると嬉しいです!!今回のように、Haruで紹介していたニュースを見て、活用しました!行ってみました!というものでも構いません。送っていただいた写真とエピソードは、Haruニュース記事内・Haru公式Instagram内で掲載させていただくことがあります。WEBサイト、Instagramに掲載することをご了承していただける写真をお送りください。(エピソードは内容のみで、個人名は一切公表いたしません。)

 

詳しくはプレゼントアイコンから♪