2021.07.30

子どもの探究心を刺激!専門家も一緒に山田池公園でセミを知る企画

目覚めの時間から、外では声が聞こえてくる真夏!夏の風情を感じさせてくれると共に、たまに「えぇーい!もううるさーい!」となっている時もある。そうセミ!!木に大量にいるときのそのセミの声と言ったら耳を塞ぎたくなるくらいの大音量です。でも、大人は知っていますよね。セミの寿命が短いことを・・・。その儚さゆえに許してしまうこともあるのでしょうか。

 

先日、夜に出かけた際、近所の神社で賑やかな父子の声がして見に行ってみると、なんとセミの幼虫を観察していました!大量のセミの幼虫を手にいっぱい持っている男の子。思わず悲鳴が出たのは言うまでもないのですが(笑)

 

この父子さんはとても虫が好きだそうで、セミの生態についていろいろと教えてくださいました。セミの幼虫をちゃんと見たことがない私にはもう驚くことばかり。ですが、それ以上に子どもたちはその奇妙で神秘的な姿に大興奮!質問責めをしたり、他にも探そうと意欲的に探し出したり、汗だくになりながら話を聞く姿はとても輝いていました。帰るときには「あー楽しかった!」と満足そうな顔。そうそう、これこれ!これが子どもたちが成功する瞬間ですよね!

 

山田池公園では、セミの抜け殻調査と自然工作のイベントが開催されますよ!山田池公園にいるセミの抜け殻を探し、専門講師の話を聞きながら、採集した抜け殻の種類などの判別したりします。この特徴だとアブラゼミだとかクマゼミだとかの判別ができるようになるかもしれませんね!ぜひ参加してみてください!

 

日時:令和3年8月22日(日曜日)午前10時~12時30分
※雨天決行。雨天の場合は、事前に採集したセミの抜け殻の判別と自然工作を行います。
場所:山田池公園パークセンター集合・解散
対象:小学生以下の子ども(幼児は、保護者同伴。同伴保護者は、基本1名まで)
主催:枚方市
協力:NPO法人シニア自然大学校 淀川自然クラブ
申込み:8月2日(月曜日)から受付け。先着30名。参加費無料。
電話またはEメールに、住所・参加者氏名(ふりがな)・年齢・電話番号・Eメールアドレス(またはファクス番号)・イベント名を記入の上、環境政策室(環境保全担当)までお申し込みください。新型コロナウィルス感染予防のため、例年より参加人数を制限しておりますので、ご了承ください。
※ 受付開始日前のメールでの申し込みは、無効となりますのでご注意ください。

 

〈問い合わせ〉
枚方市・環境政策室(環境保全担当)
電話:050-7102-6003
メール:kankyouhozen@city.hirakata.osaka.jp

 

参照・参考サイト:枚方市ホームページ
https://www.city.hirakata.osaka.jp/0000035884.html