2020.01.11

意外と知らない日本と海外の違い~食事編~

おはようございます!

Haru編集部です。

 

 

 

グローバル化によって、
海外の方とのやりとりが当たり前のようになってきていますよね。

 

 

いままで日本では普通だと感じていたことが、
海外の方と比べると驚かれることがあります!

 

 

妊婦さんの食生活や体調管理でも、
結構違いがあるみたいです。

 

全体的な印象やイメージを含めたお話です!!

 

どちらが正しい、どちらが正しくないということではありませんので、
こんな違いがあるんだ程度に読んでもらえたら嬉しいです。

 

 

日本ではお寿司やお刺身など普段から人気の食べ物ということもあり、

食べることを禁止されるほどではなく注意が必要

 

海外では禁止される食材というのもあります。

生の食材は基本的には禁止されるため、

お寿司やお刺身を食べていると驚かれるかもしれません。

 

アメリカではチーズも避けた方がいい傾向があるそうです。

 

あと栄養面で優秀なこともあり
よく食べられる卵ですが、
こちらは食べ方に注意が必要!

やはり卵に関しても、生は避けた方がいいため、

できるだけ加熱調理して食べるのがおすすめです。

 

 

ちなみにアルコールやカフェインに関しては、
基本的には世界共通で過度な摂取は控えた方がいいとされています。

 

 

 

また日本では大幅な体重増加は抑える傾向があります。
ただ個人差もありますが、先生と相談しながら
体調に合わせていくのが一番良いでしょうね!

 

海外では体重の制限はないことが多いみたいです。
なかには20キロ以上増加する方も!

 

 

食生活、体調管理ともに、
日本と海外でどちらかが優れているわけではなく
ご自身の身体に合わせた形が必要だと思います♪

 

先生と相談しながら、柔軟な対応ができるように
こんな話もあったなと思い出していただけたら幸いです。