2021.07.09

穂谷の竹を使って自分でおもちゃ作り!竹の不思議も知ってみよう

我が家では夏と言えばよくするご飯メニューに、そうめんがあります。あ!お宅もよくしますか?(笑)そうめんって作るの簡単だし、子どもたちは好きでいっぱい食べてくれるし、本当にありがたい!難点はたくさん食べたはずなのに、すぐお腹空いたって言われちゃうとこですが(笑)そうめんをすると必ず話題に出るのが「流しそうめん」。我は家は電気で動く簡単な流しそうめん機があるので、それでグルグルとそうめんを流して楽しんでいます。たまに、蕎麦も流したりして(笑)

 

本来の流しそうめんに使われるのは、竹。風情があって、子どもも大人も楽しめて盛り上がりますよね!私も一度兵庫県宍粟にある流しそうめんを食べに行きましたが、山奥にある川の水で冷やられた涼しい風が吹く中、天然水で流れてくる流しそうめんを食べました。あれはあれで面白いのです。でも竹で流しそうめんを家庭で準備するとなると・・・めっちゃ大変やん!竹の節ってどうやって取るん?と素人では難しい部分もあります。今や流しそうめんは「雨どい」でできるそうなので、竹にこだわる必要はないのかもしれません。

 

ですが、竹ってすごいんです!!竹はすぐに大きくなるし、何より強い。背が高いことで日陰を作り温暖化予防にしたい、竹が呼吸することで空気や水が綺麗になります。竹炭にすれば、ご飯を炊く時や水を浄化する際に入れたりして使いますよね。いろんなシーンに活躍する竹を知ると面白いですよね!

 

子どもたちにとっては、竹はおもちゃとして使えます。竹トンボが昔からある代表的なおもちゃですよね!シンプルなおもちゃですが、実はバランスよく作らないと飛ばない。そんな原理を考えると、子どもたちにとってはワクワクが止まりません!

 


(画像引用:枚方市野外活動センター

 

【竹とあそぼ~竹クラフト~】
竹で水鉄砲や竹ぽっくり竹の器を作ります。
初めてノコギリを使う方でも丁寧に指導してもらえます。

イベント開催日:2021年8月1日(日) 10:00 〜 15:00
参加条件:小学生以下のお子様の場合、保護者の方もご参加ください。
定員:抽選30名
参加費:500円 未就学児は無料
持ち物:いらない布(水鉄砲用)、軍手、虫よけ用品、水筒、弁当、敷物、レジ袋、雨具
服装:山に入れる服装(長袖・長ズボン・帽子・運動靴)

 

≪お申し込み期間≫
2021年6月28日(月)9:00〜2021年7月11日(日)17:00
HPにある専用申し込みフォームよりお申込みください。

 

≪お問い合わせ≫
枚方市野外活動センター
枚方市穂谷4550番地
TEL:072-858-0300
https://hirakata-taikyo.org/hao/