2021.06.02

『安産祈願』片埜神社でお話を聞いたら歴史についても学べました♪

安産祈願について、片埜神社の権禰宜の岡田様にお話を聞かせていただきました。

【安産の願いと手助けに。】
【安産祈願どこでやってるの?願いを込めて。】

 

以前にお伺いした際は、写真の撮影をする時間まではとれなかったため、今回はしっかり写真も撮ってこようと意気込んでいました!岩田帯(腹帯)やお守りなどの撮影をお願いすると、「お預けするのでゆっくり撮影してもらっていいですよ」とのこと。

 

 

これはしっかり撮影しないと!気合いを入れて撮影しました。

 

片埜神社さんでは、安産祈願の際にお渡しする腹帯にもこだわりがあって、ほとんど伸縮性のないさらし生地でご用意されています。妊婦さんの身体への負担を減らすために、骨盤あたりに適度に締めて巻くことで骨盤が安定します。

 

絵馬に鬼面が描かれていたり、鬼は片埜神社の象徴や守り神とされています。

 

近くでみるとちょっとこわいけど、強そうですね!

 

なぜ鬼なのか?鬼がまつられているの?鬼がまつられているのではなく、鬼にゆかりがある神社だからです。片埜神社は、大阪城から鬼門とされている方角にあり、大阪城を守る役割を果たしています。方位鬼門除けとしての社として世に知られることになりました。そのため、現在でも方除・厄除の神としても信仰されています。

 

本殿は神様がいるところで、拝殿は人が入るところになっています。本殿には決められた日に宮司さんしか入れないそうです。

 

 

写真を正面から撮影していないのは、なんで?中央は神様が通る道だから、邪魔をしてはいけないのです。

 

神職と神主の違いについても教えていただいたのですが、それぞれ神職(正式名称)・神主(通称)となっていて役割の違いではないそうです。たしかになんとなく神主さんと呼ぶ機会が多い気がしますね。

 

神社でいただいた岩田帯(腹帯)は、赤ちゃんが産まれたら産着にリメイクして使うのもおすすめですよ♪産着にしない場合や、使い古してしまった後は、神社でお焚き上げをしてもらいましょう。安産祈願をして、出産を無事に終えたら、帯祝いで祈祷してもらった神社にお礼参りにいって感謝の気持ちを伝えるもお忘れなく!

 

片埜神社(かたのじんじゃ)
住所:大阪府枚方市牧野阪2-21-15
TEL:072-857-7775
時間:9:00~16:00(30分単位の予約制)
駐車場:有り
HP:https://www.katanojinja.com/