2021.05.30

運営部のオススメする絵本「もじゃもじゃ」

Haru運営部のオススメする絵本コーナー
今日のオススメは「もじゃもじゃ」

5月2日の記事でも紹介した【せな けいこ】さんの絵本です。5月2日は「いやだいやだ」を紹介しましたが、今回は「もじゃもじゃ」。

 

表紙のイラストからもわかるように、「もじゃもじゃ」の正体は、髪の毛。でも、はたして「もじゃもじゃ」は髪の毛だけかな??それは絵本の中に登場します。

 

ぐんぐん伸びていく髪の毛。伸ばしているだけだと、もじゃもじゃ。さらには絡まってしまって、すんごいもじゃもじゃになってしまうことも。

 

そんな時はどうする?ちょきちょきしたらいいんだよね。もじゃもじゃだったルルちゃんは、ちょきちょきしてどうなったんだろう?

 

短くて、単調ではあるのですが、せなけいこさんの絵本はなぜか虜にさせられます。絵のタッチも独特ですし、「もじゃもじゃ」では切り絵で表現されています。千代紙をちぎったときにできる毛羽立ちも、白い裏面もそのまま使われていて、またそこが味があります。毛のもじゃもじゃ感が伝わってきますしね。

 

うちの子も髪の毛を切りに行くことを嫌がる時があります。もう経験しているからわかっているはずなのに、なぜか行きたくないっていう。でも、毛は伸びていて、それこそ「もじゃっと」しています。そんな時にこれを読んで、ちょっと促してみたりしているんです。ちょっとだけ気を引くことができますよ。

 

せなけいこさんのシリーズは、長年愛されている絵本です。ぜひ読んで下さいね!

 

参照:絵本ナビ

作・絵:せな けいこ
出版社:福音館書店