2021.05.21

枚方市の便利な図書館、使いこなせていますか?

子どもにとって、絵本はとてもいいのは知ってるよ!って方、多いですよね。子育てにおけるいろいろな施設などでも絵本が必ず置いてありますし、読み聞かせも必ずと言っていいほど開催されています。本を読み聞かせると、子どもは登場人物の気持ちを想像して「嬉しい」「楽しい」「悲しい」など様々な感情を抱きます。子どもは絵本を通じて、人間の心の変化を知ることでき、感情が豊かになるのです。想像力が豊かな人は相手の気持ちを感じることができ、思いやりを持って人と接することができます。

 

それならば!!絵本いっぱい買わないとー!!って、私ならなります(笑)より多くの絵本と触れ合って、心を育ててほしいと親だから思います。でも・・・絵本って高い!!全てを買うなんてできないー!!

 

そんな時は、やはり活躍してくれるのは【図書館】です。無料で利用できるし、イベントも開催されていて子育て家族には嬉しい場所です。

 

図書館の利用をまだしたことがない人はぜひ使ってみてくださいね!

 

手順としては
①貸し出しカードを作る。
名前と住所がわかるもの(健康保険証・運転免許証など)を持って、近くの図書館・分室へ行きます。申込書を記入して、身分証明書を提示したら、その場で貸出カードを発行してくれます。貸し出しカードは、子どものものも作れます!!0歳から作れますので、1人1枚カードがあれば、その分多く借りることができますよ。お子さんのカードを作る際は、保険証等を提示して作りましょう。

 

②本を借りる。
1人12冊、2週間借りることができます。(そのうちCD・DVD・ビデオは3点、1週間)紙芝居や大型絵本も借りる事ができますよ!

 

③本を読む。
当然ですけどね(笑)

 

④本を返す。
返却は、借りた図書館だけでなく、市内の図書館ならどこでもできます。返却カウンターに置くだけなので簡単。私もよく子どもに「ありがとうございましたって言って返してきて」とおつかいとして頼みます。できると自信に満ちた顔で帰ってきますよ!
さらに、図書館が閉館している時は、返却ポストに入れるだけ。必ず、図書館の外壁に時間外の返却ポストが設置されています。出勤前のパパにだって、返却を頼む事もできますよ!(笑)図書館が開館している時間は、このポストは閉じてますので間違って入れることはありません。

 

利用するのは、とっても簡単!!でも、本を借りる際、読みたい本が見つからないときもありますよね。絵本なんかは本棚と睨めっこして、表紙を見て直感で選ぶ事も楽しいのですが、最近話題の絵本とか狙って読みたい本は本棚を探すのには大変です。

 

そんな時は、ネット検索!!枚方市の蔵書検索を使えば簡単に予約ができます。

パソコン版→https://toshokan.city.hirakata.osaka.jp/WebOpac/webopac/index.do

スマホ版→https://toshokan.city.hirakata.osaka.jp/WebOpac/spopac/index.do

 

①「利用照会」から「新規パスワード登録」をします。
貸出カードを発行してもらったら、貸出カードに記載されている「利用者番号」と「氏名」「電話番号」を入れて登録をします。パスワードを設定したら完了です。

 

②「簡単検索」を使って、本を探す
「キーワード」や「著者」から探すことができます。その本が、どこの図書館にあるのか、本棚にあるのか倉庫にあるのか、貸出中なのかどうかも表示されます。

 

③読みたい本が見つかったら、「借りる」に進みます。
その際、受け取る図書館を設定できます。家の近所の図書館に限らず、仕事場の近くや用事でよく行く図書館など指定できます。

 

④数日後、本の用意ができたらメールでお知らせが届くので、指定した図書館に取りに行く。
予約した本が、指定した図書館に届いた時点でメールがきます。その時点から1週間は保管してくれるので、行けるタイミングで取りに行きます。

 

⑤図書館で借りる。
図書館の窓口では「予約した本を取りに来ました」と伝えて、貸出カードを渡します。すると、スタッフさんが用意してくれて貸出作業もそのまましてくれます。本棚と睨めっこする時間は短縮されますね。

 

【貸出期間中に読み終わらなかったら?】
もし本を期間中に読み終わらなかったり、まだもう少し借りていたい場合は、延長手続きができます。貸出期限の延長をする場合は、返却期限日までに図書館に知らせます(電話可)。返却期限を過ぎたり、予約がある資料、枚方市外の図書館から借りた資料は延長できません。貸出日の翌日から2週間単位で、最長2か月(60日)まで延長できます。

 

この延長手続きは、電話でもできますが、ネットからの方が便利です。本を借りたときのサイトにアクセスして、「利用照会」から貸出中の本を一覧で見る事ができます。その一覧から、延長ボタンを押すだけです。そこで次の予約があるのかなども把握できるので安心です。

 

【予約の順番がわかる】
ネットでは、予約した本に他の予約者がいる場合、自分の順番が何番目かも表示されるのでわかります。私は、過去に人気の本を予約して、150人待ちを経験しました。本が来ることには忘れております(笑)

 

今はネットで手続きできるので、便利です!使っていくと操作も難しくないですし、子育ての合間をぬって本の予約ができますので、ぜひ活用してください。