2021.05.20

Haruアンケート!ポートレート写真を撮影するなら?

温かい季節は、眩しい太陽の光が多方面から差し、キラキラと元気いっぱいな写真が取れる!と思っているHaru運営部です。だから、冬より今の時期の方が写真を撮るのが好きなんですよね。なんだかいつもよりいい写真が撮れたら、プロみたいな写真が撮れたら、すっごい嬉しいですよね!

 

最近では、スマホのポートレートモードも使いこなせるようになってきました。そこで、Haruアンケート!

 

ポートレートであなたは何を撮る?


1位、子ども
2位、食べ物
3位、風景
4位、その他
でした!

 

やっぱりママたちが撮るのは、我が子ですよね!子どもが産まれてから、写真に興味を持ってこだわりだされた方も多いと思います。私もその1人。一眼レフを一生懸命使えるように練習したりしています。でも、まだまだなんですけどねー!上手に写真が撮れるように勉強したい!ってママはぜひ枚方子育て通信Haruの冊子をご覧ください!

 

枚方子育て通信Haruの冊子5月号では、【写真の撮り方をマスターしよう-ポートレート編-】をご紹介しています。今回は、写真の中でも身近な撮影であるポートレートについてSwinging Filmの吉村さんにお伺いしました。

 

そもそもポートレートとはなんでしょうか?
肖像画や肖像写真を差します。背景をぼかして被写体を浮き立たせる写真が多いです。お子様を撮る際には、スナップとポートレートの中間である【スナップポートレート】というものもあります。

 

撮影時には、離れたところから撮影して自然な表情を狙ったり、何かしている様子を撮影したりすると、子どもたちはカメラを気にせずに動けたり、表情を出せたりするので表情も柔らかくなりやすいです。

 

また、光、姿勢を考えて【その人の好さを出す】と、しっかりとしたポートレートになります。光は前・後ろ・横、3方向のどこからきていてどの向きで撮影するのか、その写真で何を伝えたいのか、など具体的なことを考えて被写体さんと向き合います。

 

ぜひお子様だけでなく、ご友人やご夫婦でチャレンジしてみてくださいね!

 

枚方子育て通信Haruの冊子では、毎月Swinging Filmの吉村さんに写真についてお聞きしています。ぜひご覧くださいね!

 

SwingingFilmさんのInstagramはこちら
https://www.instagram.com/swingingfilm/