2021.05.22

子どもに関わる市役所の窓口『手当・医療編』

子どもに関わる市役所の窓口。今回は手当と医療関係です。出産をしたら、すぐにでも申請をしておくべき大切な部分です。知っておいて損はないですし、赤ちゃんが産まれる前から知っておくといいでしょう。

 

こちらは【市民生活部】という部署で、別館の2階にありますよ。

 

保育園や幼稚園に関する窓口はこちら【子どもに関わる市役所の窓口『保育園・幼稚園編』】

 

児童手当の申請
児童扶養手当の申請
特別児童不要手当の申請について知りたい!時はココ!【年金児童手当課】

手続きでは、申請の月が影響します。タイミングがズレるともらえない月も出てくることも。必要になったら、すぐに聞きに行ってみましょう!特に出産したら、出生届けを出す時に一緒に手続きしてしまうのがベストです。その段取りも調べておくといいですよ!

児童手当担当電話:072-841-1408
問い合わせフォームはこちら

 

子どもが病院を受診する際に必ずいる子ども医療証について知りたい!時はココ!【医療助成課】

年金児童手当課と同じフロアにあるので、児童手当の手続きの歳に一緒に申請したいですが、子ども医療証は子どもの保険証ができてからになります。なので、まずはパパの会社などで子どもの保険証発行手続きをするのが先にはなります。ですが、先に申込の途中まで進めておくことができます。あとは保険証ができたら送ってね!ってパターンにしておくと、スムーズに進めることができます。産まれてから、いつでも病院を受診できるよう準備しておくことは安心ですよ!

・子ども医療証などの医療費の助成に関すること
・心臓病児手術見舞金に関すること
・訪問看護基本料の助成に関すること

電話:072-841-1359
問い合わせフォームはこちら

 

手続きとしては、もちろんパパでもできます!出産してすぐのママに、市役所まで行ってもらうのは大変。ぜひパパが協力して、申請してくださいね!ちなみに、私は妊娠中にすべて質問に行き、書類はもらって記入し判を押し、あとは産まれた日時と名前を入れるだけでにして準備しておいて、申請に行ってもらいました。ここまでする必要はないかもですが、私自身のためにしていました。みなさんも早めの準備をおすすめします。