2021.05.13

100円ショップで見つけた子どもの暑さ対策グッズ♪

1年間で一番紫外線が強い日っていつか知ってますか?8月?9月?

 

実は5月から始まっているそうです。それは8月に向けて強くなっていきます。なので、紫外線対策って早くからしておく必要があるんですよね。特に子どもの場合は、まだ皮膚も薄いですから、軽い火傷のような状態になっては大変です。

 

かと言っても、外に出ないわけにはいきません。子どもは外遊びが大好きです!公園で遊んで、いっぱい刺激をもらって成長し、全身でエネルギーを使って、心も満たしますよね。それに、室内遊びだけでは親だって体力持ちません(笑)

 

そこで、100円でできる紫外線対策グッズを紹介します!!

 

まずはサングラスー!!!いやん、恥ずかしいやん!ってならないでくださいね。
目だって紫外線をダイレクトに受けます。目から入る紫外線は肌の日焼けの要因にもなります。これは、紫外線を察知した脳が防御反応で体内にメラニン色素を生成するためです。

 

目が紫外線をあびて角膜のダメージにつながると、痛みや充血などの症状が出る場合があります。ほかにも目がしょぼしょぼして見えづらい、目が痛い、涙が止まらない、かゆいなどの症状があります。

 

そうならないためにも、しっかりサングラスで目を保護することが大事です。サングラスをかけると気分もイケメンに変身できちゃうので、ちょっと格好つけてくれるかもですよ(笑)

 

熱射病対策として、1番効果的なのはやはり帽子!でも、帽子だけだと頭頂部は守れても、首筋は守りきません。最近は保育園や幼稚園で使う帽子も首筋を隠せるものがついている帽子に変わっているところも多いはず。暑いのかと思いきや、実はそうではなく、紫外線を直接浴びる方が暑いのです。家にある帽子もすぐにつけれるのが、この【キャップ用日よけガード】です。

 

クリップを挟むだけで簡単につけられるので、手間はありません!買ってすぐにつけれますよ。
後ろにはポケットもついていて、ここに保冷剤を入れておくこともできます。お外でいっぱい遊ぶために、子どもにもこれがついている状態に慣れてもらいましょうね。

 

こちらは、紫外線対策ではないですが、外遊びする時の昔からある必需品!【虫よけリング】です。こちらは、シリコンタイプです。いろいろなタイプや形があるので、お好きなのを選んで探してくださいね!

 

片手だけにつけるより、両手に1つずつしている方が効果的だと思います。普段の生活でもつけておくと安心です。子どものうちは、虫に刺されると広範囲に腫れたりすることがあります。虫さされに対する抗体がないから腫れると聞いていますが、虫さされを掻いて出血してとなると、とびひになっていくことも多いです。虫とは共存したい気持ちもありますが、できるだけ防いでいきたいものです。

 

コロナウィルス感染予防としても、公園遊びは多くなりますよね!赤ちゃんのうちから、強い日焼けをしすぎないように注意してあげることは、生涯健康で過ごすために、とても大切なことです。グッズを活用して対策していきましょう。