2021.05.07

初めての母の日?自分が母になるとまた見方が変わるかも♪

5月の第2日曜日は「母の日」。今年は5月9日です。

 

いまや誰もが知っている行事ですが、母の日を祝う習慣はどのようにして生まれたかご存じでしたか?その起源には諸説ありますが、よく知られているのは「100年ほど前のアメリカ・ウェストヴァージニア州で、アンナ・ジャービスという女性が亡き母を追悼するため、1908年5月10日にフィラデルフィアの教会で白いカーネーションを配ったのが始まり」という話です。この風習は1910年、ウェストヴァージニア州の知事が5月第2日曜日を母の日にすると宣言し、やがてアメリカ全土に広まっていき、1914年には5月の第2日曜日が「母の日」と制定されました。ちなみに、日本で初めて母の日のイベントが行われたのは明治末期頃。1915年(大正4年)には教会でお祝いの行事が催されるようになり、徐々に広まっていったと伝えられています。

 

母の日は、長い歴史の中でカーネーションを贈る日と定着しています。カーネーションの赤の色はとても綺麗ですよね。赤いカーネーションの花言葉は「母への愛」。その意味に思いを込めたいものです。日頃の母の苦労をいたわり母へ感謝を表す日ですから、自分の母や義理の母に想いを届けてほしいと思います。

 

こちらはダイソーのカーネーションポットです。見た目が華やかで素敵!!ボリュームもあって色味も綺麗です。

 

こちらは紙袋が付いたブーケバージョンです。300円ですが、ボリュームがあっていいですね!子どもたちがお小遣いを貯めて、これを持ってきたら嬉しいかも!!

 

最近、母になったあなたにとっては、ある意味初めての母の日を迎えることになりますよね。0歳の赤ちゃんでは母の日にカーネーションを持ってくることはできませんが(笑)あなたのパートナーから「母として頑張ってくれてありがとう!父親にしてくれてありがとう!」と気持ちを伝えてもらえると、これほど幸せなことはないですよね!上手におねだりしたいものです(笑)

 

いつの時も花束をもらえることは女性として嬉しいもの。1本だと味気ないなと思うときは、12本のカーネーションを贈ってみるのがおすすめです。12本の花束のことを、「ダズンフラワー」といいます。ダズンはダースと同じく、12を意味する言葉。ダズンフラワーは、この12本の花1本ずつに「感謝・誠実・幸福・信頼・希望・愛情・情熱・真実・尊敬・栄光・努力・永遠」という意味を込めるのだそうです。この本数で花束を作ると、とても華やかなことはもちろん「ダズンフラワー」の意味も込められるため、母の日に感謝を伝える贈り物としておすすめです。またダズンフラワーを作る時は、定番の赤のカーネーションだけでなく、オレンジやピンクのカーネーションを混ぜてみてもメリハリがあってきれいになります。カーネーションは1色にこだわらずに、カラフルな贈り物にすることもできるのですね。これは是非是非もらいたいー!!(笑)

 

この記事を見たパパさんは、ぜひ奥様へ12本のカラフルなカーネーションを贈って見てくださいね!12個の意味と共に。