2021.05.01

枚方市の皆様が子どもたちの未来のために考えてくれたこと

【子どもを守る条例】が、2021年3月31日に制定されました。

 

枚方市の支援施策の基本姿勢や方針を広く市民に示すとともに、社会総がかりで取り組む仕組みを一層整備し、さらには効果的に運用するためには、条例による法的な整備が特に求められる必要があり、今回実施された【子どもを守る条例におけるパブリックコメント】でした。

 

子ども・子育て支援ニーズがますます多様化する中、子ども・子育て支援に関し、基本理念を定め、市の責務並びに保護者、地域住民、学校園等及び事業者の役割を明らかにするとともに、子どもを守る仕組み及び子ども・子育て支援に関する施策の基本事項を定めることにより、「一人ひとりの子どもが笑顔で健やかに成長できるまち枚方」の実現に資することを目的としています。

 

こうやって書いていくと、何とも難しい内容と感じて、思考が停止しそうですが、すっごく簡単に説明すると、「地域の子どもたちの未来を、枚方市・保護者・地域住民・学校・事業者のみんなで、子どもの最善の利益を守っていきましょう」ということを示しています。

 

それに伴って、市民の人に意見を求めた「パブリックコメント」の結果は、枚方市のホームページで5月17日まで公開しています。誰でも見ることができますので、一度見てみてください。https://www.city.hirakata.osaka.jp/0000033852.html

 

読んでみると、こんな視点もあるんだな。こんな要望は同じように思えるな。などと発見があるかもしれません。ぜひご覧になってみてください。

 

子どもを取り巻く環境は、1つのところだけが頑張っていても意味がありません。それぞれの方面の人たちが力を合わせていくことで、子どもたちの暮らしは変わっていくのではないでしょうか。

 

参照・参考サイト:枚方市役所ホームページ
https://www.city.hirakata.osaka.jp/0000034313.html