2021.03.17

また一つ枚方市に詳しくなれる?嬉しい発見があるかも!

枚方市の状況を知る方法の一つとして「広報ひらかた」を活用されていますか?毎月1日に発行され、枚方市内全戸に配布されます。もちろん市役所を初めとして、各生涯学習支援センターや図書館などでも設置されています。一度は見たことがある方もおられるでしょう。この広報の中には【子育て・教育】の項目があり、保健センターの取り組み、地域の子育てイベント、ファミリーサポートセンターなどなどの情報が掲載されています。

 

今まで紙の広報の配布でしたが、最近ではアプリを使って広報を見ることもできるんです。アプリ「マチイロ」は、広報ひらかたを初めとする登録された全国自治体の広報誌を読めるアプリです。画面を拡大や縮小できるので、文字などを読みやすい大きさにすることができます。さらに、気になった記事を保存したり、共有したりする機能もあります。保存した記事は各SNSにシェアすることもできます。最新の記事だけでなくバックナンバーも見れるし、最新号はプッシュ通知でお知らせしてくれます。空いた時間や移動時間に見るにはアプリがとても便利ですよね。メモしておきたい記事もスマホでサッと保存できるので、イベント申し込みも忘れません。

 

広報ひらかた3月号の28ページには、【産前産後期間の国民年金保険料が免除】という記事が掲載されています。出産予定日また出産日が属する月の前月から4ヶ月間の国民年金保険料が免除されるそうです。多胎妊娠の場合は、出産予定日または出産日が属する月の3ヶ月〜6ヶ月間の国民年金保険料が免除されるそうです。出産日が平成31年2月1日以降の方が対象なので、もしかしたら当てまはるかも!!という方はぜひ広報ひらかたを確認してください。よくわからないなーって方は、市役所別館2階にある年金児童手当課へ行ってみましょう。

 

このように意外と重要で知らないことも掲載されています。イベント情報だけでなく、生活に関わることもありますので、私は毎月熟読です(笑)広報ひらかたの中に、社協だよりが挟まれています。そのまま捨てている人いませんか?こちらも子育てサロンやひとり親への支援などの情報も掲載されています。広報ひらかたと合わせて読んでおくことをお勧めします。

 

私は「まちの話題」や「市民登場」のコーナーも好きです。いろいろ読んでいくと、さらに枚方市のことを好きになれるのではないでしょうか。ぜひ熟読してくださいね!