2021.03.14

色彩知育の展覧会が開催!子どもたちの作品をご覧ください♪

春の季節に移り変わるこの頃、花粉が飛び始めているとはいえ、まだ空気の濁りも少なく快晴の日の空の青さは眩しいくらいに輝いていて、とっても気持ちいいなーと背伸びしながら呼吸をする。肌寒さはあるもののいい季節になってきましたね。

 

こんなに空は青かったっけ。こんな青色だったかな。夕日の色はなんていう色かな。オレンジなのかな、赤なのかな。子どもたちがなんと表現するか聞いてみてください。今、子どもたちが見えているものに対する表現は、きっと今にしかないものです。

ベビー&子ども色彩知育教室枚方長尾校さんで、教室に通われている生徒さんの作品展覧会が開催されます。色彩知育は、日常にある色と言葉かけを通して子育てに活かし、自分らしく子育てを楽に捉えて実践していくことができるツールだそうです。実際に子育て中に色彩知育を学び、取り入れている生徒さんたちが、今、作り上げる作品たち。「色彩の世界では、物の素材がどんなものであっても、色は無限にあって正解も間違いもない。」という考えのもと、子どもたちの生きた作品を感じることができます。

 

色の展覧会
今年のテーマは『生きてる』

ベビー&こども色彩知育教室枚方長尾クラスを主宰する岩井有佳梨さんからのメッセージです。

2020年、私たちは「当たり前の日常が当たり前ではない」ということに気づきました。そして、いつもの毎日があったことへの感謝の気持ちが溢れてきました。

私たちは1人では生きていけません。家族、友人、人の優しさ、温かさ、思いやり、月、太陽、空気、土、食物、植物など、全てがそこにあってこそ命が宿り、私たちは生きています。その生命の尊さを子どもたちは知っています。こどもたちの創り出す作品には「生きてる」すべてが表現されています。

 

本展ではこどもたちの「生きてる」作品、見て、聞いて、触れていただき、今があることへの感謝の気持ちや、命を未来へ繋げる尊さをを心と体で体感して頂けたらと願ってます。

期間:3月14日(日)〜3月26日(金)
場所:菅原生涯学習市民センター2階ロビー
住所:枚方市長尾元町1丁目35-1

 

色彩知育は、言葉をまだ発しない子どもも、色を選ぶことでこんな気持ちなんだなーと推測できたり、コミュニケーションが深まるきっかけになります。まさに言葉を色で表現しているのですね。この展示会で、生徒さんの作品を見ることで、より色彩知育の魅力を感じていただけるでしょう。

枚方子育て通信Haruでは、この色彩知育を体験してもらいたいと思い、3月のプレゼント企画に「色彩知育体験折り紙ワーク」をご用意していただけるようにお願いしました!色彩知育が気になっているって方は、まずはワークセットを手に入れてみてはいかがでしょうか!子育てエピソードと一緒に応募していただくと、プレゼント当選確率が上がりますよ。

ご応募はページ下部のプレゼントアイコンへ

 

展覧会の詳しいお問い合わせはこちら
ベビー・こども・大人の色彩知育教室
アメブロ:https://ameblo.jp/youjiari/
Instagram:https://www.instagram.com/color_child_hirakata/