2021.03.12

学校生活6年間たくさんの思い出によって自分だけの物語が完成します!

何度でも読み返したくなるお気に入りの一冊になること間違いなし!この世に一冊しか存在しない宝物が、ご家族の思い出によって完成します。枚方市にあるダイコロ株式会社さんが運営するサービス「Chuckle(チャックル)」よりオリジナルの絵本をご注文することができます。
この春に卒業を迎え、また新たな一歩を踏み出すお子様にピッタリな一冊!小学校卒業記念の本「君に贈る物語」が発売になりました。絵本一冊には収まりきらないほどの思い出いっぱいの6年間だと思いますが、いろんな出来事を乗り越え成長してきたお子様にお祝いの想いを込めてオリジナル絵本を贈ってみませんか?ご自身のお子様用だけではなく、プレゼントにもぜひご活用ください♪

 

気になる絵本のストーリーとは?

【ランドセルの妖精】
卒業記念「君に贈る物語」は、お子さまの成長を見守ってきたランドセルの妖精目線でストーリーが展開し、物語の中には以下の内容が入ります。
・入学時の写真と卒業時の写真
・6年間でできるようになったこと
・保護者からのメッセージ
・自由に書き込みできる寄せ書きページ
・物語に出てくるランドセルの色は10色から選べます。

成長の記録、卒業記念のお祝いとしてお子さまの成長を見守ってきたランドセルに焦点をあてた世界でたった1冊の特別な物語です。表紙タイトルにはお子様のお名前で「〇〇に贈る物語」となるだけでなく、本文にもお名前が入ります。入学時と卒業時の写真が入ることで成長の記録になり、6年間で出来るようになったことと卒業のお祝いのメッセージを保護者に書いてもらうことで絆を深め、そして巻末には寄せ書きのできるページを設け、先生や友だちから書き込んでもらうことでコミュニケーションにも使えるオーダーメイドの本となります。

 

1年生の時の写真と6年生の時の写真を見比べて、成長を実感することができます。

 

【愛されてきたという認識】
ストーリーは子どもっぽくならないように、絵本作家と注意深く打合せを重ね作成しました「ぼくは、ずっと〇〇を、見てきたから何でも知ってる。」これは保護者、先生、地域の大人たちなど主役の子どもを取り囲む大人からの象徴的なメッセージになっています。個性的なキャラクターが「実はずっと見守ってきたんだよ。」と告げることで、自分は周りの人に愛されてきたんだと再認識させるストーリーになりました。キャラクターが言うことで押し付けがましくなく、ユーモアを持って受け入れやすくなっています。

 

さらに詳しくはこちらから
https://omoidenet.jp/chuckle/product-group/75

 

【絵本作家プロフィール】
かんと ふう(大阪堺市生まれ)
2008年文芸社ビジュアルアート社より児童文学個性派賞受賞作品「ももいろ丘のライオン」出版
2015年オリジナル絵本「しあわせの種」まほうのじかんより発売
2020年チャックルよりオリジナル絵本「●●とサンタさん」発売

 

ダイコロ株式会社
住所:大阪府枚方市招提田近2丁目8番地(枚方企業団地)
Tel:072-850-0771
HP:https://www.daicolo.co.jp/
Chuckle(チャックル):https://omoidenet.jp/chuckle