2021.03.07

ひとり親のための枚方市社会福祉協議会の取り組み

今までに枚方市社会福祉協議会による年末の食料支援、ランドセル購入支援をご紹介してきました。今回、再び枚方市社会福祉協議会によるひとり親のための食料支援が、また行われます。

 

ご家族みんな子どもたちの幸せのため頑張っていますよね。子どもたちの笑顔が見れるなら、できることはしていきたい。こうやって何か力になってくれる人がいるからこそ、その気持ちに感謝して日々を送れると思います。

 

枚方市社会福祉協議会は、乳児家庭全戸訪問事業(こんにちは赤ちゃん事業)も実施していています。生後4ヶ月までの乳児のいる全ての家庭を訪問してくれています。訪問時には、枚方市の子育ての情報が掲載している資料と枚方市のマスコット「くらわんこ」のミニタオルやクリアファイルをプレゼントしてくれます。訪問してくれるのは、研修を受けた支援員さんです。家の近所の情報とか、子育て支援の情報とかも教えてくれますので、少しの時間でもお話をされるといいと思います。また、いきいきネット相談支援センターでは、コミュニティソーシャルワーカーという地域において様々な問題を抱え、支援を必要とする人に対して、地域とのつながりや人間関係など、本人を取り巻く環境を重視した相談援助を行う専門知識を要したスタッフがいます。親の介護と自分の子育てが被ったり、障害があることがわかったりした際など力になってくれます。このように社会福祉協議会は、子育て世代の力にもなってくれます。

 

ひとりでは子育てできません。ひとりで抱え込まず、頼れることところは頼ってくださいね。

 

(写真は、2020年末の食料支援で配布された時の食料等です)

 

コロナ感染拡大における臨時の食品等助け合い 受け取り希望者募集

先日から募集しておりました「コロナ感染拡大における臨時の食品等助け合いの取り組み」への食品等の寄付につきまして、複数名の方からお米等の寄付がありました。
一定の量が集まりましたので、受け取り希望の方を募集します。
この度の受け取り対象は、コロナ感染拡大により生活に困っている、枚方市在住・在学の「ひとり暮らしの大学生等」「ひとり親世帯」とさせていただきます。
内容は、お米3kg、お菓子、ちょっとしたおかず等です。
ただし、数に限りがございますので、ご希望の際にはあらかじめ下記までご連絡の上で来所くださいますようお願いします。

 

問い合わせ
枚方市社会福祉協議会 総務課
TEL:072-844-2443
FAX:072-845-1897