2021.03.01

枚方にある日常がテーマパークになるトーマス列車

枚方市と交野市に住む子どもたちで、この電車を知らない子どもはきっといない!!と勝手に思っています。京阪電車でも特に愛されている「京阪電車きかんしゃトーマス号2020」は、見えると必ず「あ!トーマス!!」と言う声が聞こえてきます。そんな微笑ましい光景に、ついつい目を細めて和んでしまって、私はおばあちゃん気分(笑)

 

枚方市駅から私市駅までを走る交野線を往復しているトーマス電車。いつも走っているわけではないところが、またレアな感じがします。概ね、1時間につき1〜2本がトーマス列車で、それ以外はいつもの京阪電車が走ります。トーマス列車がいつ走るのかは、時刻表で出ていますので安心してください。

 

休日はこのトーマス列車を乗ることを目的に来ている親子がたくさんいました。待合室には、トーマス列車を待ちわびる子どもたちがおにぎりやおやつも食べて待っています。そして、付き添っている親のほとんどがパパ!お子さんが男の子なら、男同士の時間にはもってこいですね。

 

では、さっそくご紹介しましょう。

 

スタートは枚方市駅からです。トーマスカラーの青色がベースのラッピング電車。これが枚方市駅に入ってくると、一瞬で子どもたちのテンションが上がります「わぁー!!」って声と共に写真撮影が始まるのはお決まりですよね。

 

側面にもたくさんのトーマスに出てくるキャラクターたちが描かれています。全部で4両あり側面は車両ごとに全て違います。なので、端から端まで見るのがオススメ!

 

一番前と一番後ろになる車両は、中もラッピングされています。電車の中に入っても広がるトーマスの世界に、子どもたちは目をキョロキョロさせて見ていました。「あ、これ知ってる!」と知っているキャラクターを見つけると、とても嬉しそうです。

 

たくさんのトーマスのキャラクターに囲まれるので、本当にテーマパークに来た気分になります。子どもたちは座席に座り、電車が動くのを今か今かと待っていました。

 

吊り広告の部分には、トーマスの手ぬぐいがかかっていました。

 

電車は7つの駅を各駅停車で進んでいきます。枚方市から交野市へと進む道は、枚方市駅の賑やかな雰囲気とは違い、山や田んぼなど自然豊かな光景が電車の窓を流れていきます。とても風情のある光景で、大人も癒される時間です。

 

私市駅まで来ると、折り返しです。いい天気の日は本当に気持ちいですよ!

 

私市駅のホームには、トーマスグッズの自動販売機があります。パスケース・キーホルダーなどがすぐに買えます。

 

電車内の吊り広告部分にあった手ぬぐいは、この自動販売機で買うことができます。全部で2種類ありました。

 

自動販売機の側面にも、たくさんのトーマスキャラクターを発見!!これを見つけた時は、「ママ!ママ!見て!!」と興奮する息子でした(笑)

 

改札の前には、造花で作られたトーマス号のフォトスポットがありました。中に乗っているように写真を撮れたり、並んで撮ったりできます。これが改札を出なくても撮れる場所にあるので、たくさん写真を撮れますよ。

 

このまま改札を出ずにまたトーマス号に乗って枚方市駅へと戻ってもいいですし、ちょっくら私市駅で降りてみるのもいいですね。

 

この交野線では、スタンプラリーも実施されていて、4つの駅でスタンプを集めるとマスキングテープがもらえます。

 

私市駅でさっそく自分でペッタン!!あ、ズレたと2度押ししてましたが、それも思い出です(笑)

 

電車に乗る楽しみも増えるので、いいですよね!もらえるマスキングテープのデザインは時期によって変わるようです。何回も乗って、色々集めたい欲が出ましたよ。

 

そして、また枚方市駅に戻ってきました。枚方市内で、ぶらり列車の旅が手軽にできるので十分楽しめます。これからお出かけする際にはぜひトーマス列車の旅も楽しんでくださいね!!

 

【京阪電車きかんしゃトーマス号2020】
運行期間:2021年7月31日(土)まで予定
運転区間:交野線
使用車両:10000系車両(4両編成)[10003-10053]

 

詳しい時刻表はこちら
https://www.keihan.co.jp/traffic/thomas2020/train.html