2021.02.19

子どもが作る100均アイテムの突っ張り棒収納

先日、ちょっと目を離した隙におもちゃ箱を全部ひっくり返して、リビング一面をおもちゃだらけにしていた子どもたち。もう寝る前だったので私の怒りは噴火して「片付けんかーい!」となったのは言うまでもありません。でも出すのは秒でできるのに、この片付けるってなると亀以上に遅くなるので、余計イライラする母ですが、子どもって片付けるのは難しいのかなーって感じていました。と言っても、私も片付けは上手ではないんです。これは親子だから仕方ないのかなーと思って受け入れてみました。

 

入浴する際に、ヘアゴムを必ずタオルかけに吊っているフックにかける6歳娘。母はちょっとそれは邪魔でした。ヘアゴムを入れる箱はあるのに、そこにかけるので。そこで、「あ、ここに突っ張り棒してあげようか?」と聞いてみると、、目をキラキラさせて「うん!!」と返事したので、すぐに突っ張ってあげました!!

 

そのあと、一人で何やらモソモソしているので見てみると・・・

引っ掛けるためのS字フックが1個しかなくて、それだけをかけていたのですが、モソモソしているなと思ったら、なんとモールを使って自分でS字フックを作ってヘアゴムをかけていました。

 

これには私もびっくり!!親バカ発揮して褒めまくりました。そして、片付けができないわけじゃない!とわかりました。子どもには子どもの動線があるんだってことに、子どもから教えてもらったアイデア。

 

通常についてるタオルハンガーの下のデットスペースに作っていて、それは子どもにとったら有効なスペース。子どもの高さなので、活用しやすいんですね。

 

子どもが自主的に片付けをするようになる100円アイデア収納。あなたの家にもこんなアイデアが生まれそうな場所はないですか?

 

使用した商品はこちら

どちらもダイソーで購入したものですが、似たような商品はどちらの100均ショップでも購入できると思いますよ。他にも便利に使えそうな商品がたくさんありました。アイデア次第で、100円とは思えない価値に生まれ変わって活用できる100均アイテム!おすすめ商品あればぜひ教えてください。