2021.01.24

運営部のオススメする絵本コーナー「 どうぶついろいろかくれんぼ」

Haru運営部のオススメする絵本コーナー
今日のオススメは「どうぶついろいろかくれんぼ」

 

車や電車でお出かけの際に、ちょっと遊べる仕掛け絵本があると、気を逸らしたり時間を稼げたりしていいですよね!手のひらサイズなど小さい絵本もたくさん増えて、カバンに一つ忍ばせておくだけでも重宝します。そんなお助け絵本の一つとして今日は、「かたぬきえほん」をご紹介です。

 

「かたぬきえほん」というのは、絵本の中にくり抜きがある絵本のこと。そこが仕掛けになっていて、とても面白いですよ。【どうぶついろいろかくれんぼ】は、見開き2ページごとに1種類の動物が登場します。1ページ目には色の中に動物のパーツの絵があり、2ページ目を開くと、くり抜いた部分と合わさり動物が完成する仕掛けです。動物の名前と色は英語表記も合わせてしてあります。動物の鳴き声も読むので、擬音を使ってまねっこもできます。全部で8匹の動物が登場するので、いろんな動物を覚えることができます。

 

次々増える動物が、ちゃんと同じページに増えて描かれているので、目で見て記憶していくことで形からより覚えていくと思います。はっきりとした色味とシンプルな絵は、子どもの印象に残りやすいので覚えるのは早そうです。「何回も!」というリクエストには出来るだけ応えてあげて、もう満足ってくらい使えるといいですよね!読まなくても、そのフレーズを覚えてしまい、まるで読んでいるかのように子どもが一人で話しているのを見ると、それはもう「この子は天才や!!」と嬉しくなっちゃいます(笑)

 

この絵本は、ハードブックで硬い紙で作られています。子どもも厚みがあると持ちやすく、ページをめくり易いので絵本にはよく使われていますね。うちの子は、この角をかじるのが赤ちゃんの時は好きでした(笑)唾液で溶けたんちゃうかってくらい食べててビックリしてましたが、それくらい愛着の湧く絵本になってくれると嬉しいですね。

 

参照:絵本ナビ

作:いしかわ こうじ

出版社:ポプラ社