2021.01.11

子育て中でもすっきりした生活空間に~収納編~

昨年末には、家の中の掃除や整理整頓に励んだ方も多いのではないでしょうか?なかなか片付けがすすまない、物が多すぎる。そんなとき誰しも「もっとたくさん収納スペースがあったら」なんて思いますよね。家づくりをお考えの際も、やはり収納は気になるポイントにあげられます。

 

設計士と創るデザイン住宅アトリエクラッセ枚方スタジオさんでは、お洒落な収納方法からデッドスペースの活用方法まで、家族構成に合わせた最適なご提案をしてくれますよ♪これから紹介する参考事例はほんの一例になりますが、ぜひ理想のお家づくりの参考にしてください。

 

ポイント①~シューズクローク~
シューズクロークとは靴のまま出入りが可能な玄関横の大きな収納です。家の顔となる玄関はできるだけすっきり綺麗にしておきたいもの。靴だけでなく、お子様のスポーツ用品も収納できるので、室内を汚すことなく、すっきりとした玄関を保つことができます!ご家族の生活スタイルに合わせて収納スペースのレイアウトを決めることができますよ♪

 

ポイント②~ウォークインクローゼット~
ウォークインクローゼットとは人が歩けるほどの広さがある独立した収納です。ご家族の衣類やカバンなどをまとめて収納できるため、生活感をなくすことが可能!また動線をさらに少なくしたいという方には洗面所からも出入りができるウォークスルーがおすすめです!バタバタする朝はお子様と一緒に着替えることもできますよ♪

 

ポイント③~デッドスペースを活かすアイデア収納~
小さなお子様用に小上がりの畳スペースがほしいという声が多いのですが、そんなとき合わせてご提案させていただくのが小上がりスペース下の収納です!お子様のオモチャやお昼寝に使うお布団などの収納が可能。

 

次におすすめなのがニッチ棚です。ニッチとは壁の厚みを利用したスペースに、棚を設けることで小物を置いたり鍵やスマホなどを置いていただけます。お子さまの手の届かない高さで収納もできるため安心!またマガジンニッチやマグネットニッチなど用途に応じて設けることができますよ♪

 

最後はこれぞ注文住宅のプロ目線という感じですね!無駄になっているデッドスペースを有効活用する収納スペースにしたら、その分お部屋を広く使うことができますしね。新しいお家に限らず、お住まいのお家でも収納方法に決まりはありません!日々、生活していくうえで工夫を楽しむ習慣も忘れず大事にしたいですね。

 

ご家族の皆様が快適に過ごしていただけるよう、そしてお片付けを楽しんでいただけるよう、収納アイデアの参考にしていただけたら幸いです。無料相談会、住宅勉強会などに、小さなお子様がいるパパとママが安心して参加できるように、アトリエクラッセ枚方スタジオさんではキッズスペースを設けられています。

お気軽にお問い合わせください
設計事務所
アトリエクラッセ枚方スタジオ
住所:枚方市中宮山戸町1-17
TEL:072-847-2774
営業時間:10:00~18:00
定休日:水曜日
駐車場:4台有り
HP:http://tsubaki-style.net/
Instagram:https://www.instagram.com/atelier.classe.hirakata/
会社名:株式会社椿工務店