2020.12.22

Haruアンケート!年賀状に入れる写真は子どもだけ?家族全員?

年の初めのご挨拶には年賀状。ハガキの中に1年間の報告や来年の抱負などを書き入れ、次の年が皆さんにとって良き年になるように願いを込めて送ります。ここ数年は、そんな年賀状もデジタル化。メールで済ませたり、LINEやアプリで可愛く画像で送ったりと年賀状を出す習慣も減りつつあります。それでも、せめて両親や親戚には私たち家族のことや子どもの成長を報告をしようと出される方もおられるでしょう。

 

そこで、Haruアンケート!!

年賀状に入れる写真は、子どもだけ?家族全員?

 

年賀状に写真を入れる方は、子どもの写真だけの写真を入れるのか、それとも家族全員で撮影した写真を入れるのかお聞きしました。すると結果は、なんと半々。その年によって、状況によって変わってくるとは思いますが、子どもだけの人も家族全員の人も両方おられるんですね!

 

そもそも写真って入れるの??年賀状の写真に対するご意見も聞いてみましたが、「送る相手が捨てにくいかなと思うので写真は入れません。貰っても捨てにくい。」というご意見もありました。確かに、年賀状って毎年のもの。どこまで置いておく?ってなると難しいし、ある程度したら捨てますよね。もしくは、もう翌年には捨てる方もいるかも。そうなると、写真入りだとなんだか申し訳ないなぁって気持ちになってしまうかもしれません。「今は防犯の意味を込めて写真は入れないです。ハガキだと中身丸見えですし、ちょっと怖いなと思うので。」大切なお子さんが危険になる可能性が上がるかもしれないと身構えてしまうのもわかります。「なかなか会えない親戚や普段から交流のある人にしか送らないので写真入れます。」遠くの親戚には元気にしていることを伝えれるし写真入りのが喜ばれることもありますよね。写真を入れるか悩むポイントではありますが、家族で納得して作ることが1番です。

 

そうして作成した年賀状。投函は12月25日までと昔から郵便局がお願いしていますね。12月25日までに投函すると、ちゃんと元旦に届きます。輪ゴムで止められたハガキの幅を見ると、郵便局員さんたちの苦労を感じてしまう私ですが、まとまってくれているのがありがたいですね。アンケートをした12月20日の時点は、ほとんどのママがまだ出してないようでした!「よかったーみんなまだやったー!」とホッとしたママさん。みんなまだでも、もう日がありませんよ!!(笑)家事育児、仕事の隙間時間で作成するので大変ですよね!まだ時間あるので、あとひと息頑張って作ってくださいね!