2020.12.19

冬の授乳を暖かくする方法

冬の寒い時の夜の授乳。布団の中はヌクヌクと温かいのですが、少しでも布団から出ると空気はヒンヤリしていてとても寒いですよね。授乳では着ている服をまくり上げてしたり、夜中に寒い台所に行くことが多いでしょうから、寒くてつらい!そんな時の授乳アイデアをご紹介します。

 

アイテム1:腹巻き
腹巻きを胸のところまで上げて着用しておくといいですよ。夜の授乳だけでなく、昼間も家でいる際にはつけておくと、締め付け感がないですし、ずれることもないです。寝ぼけまなこでの夜中の授乳も、腹巻きを下にズラすだけだから楽!下からまくりあげるとお腹が出てしまい冷えやすいですが、腹巻きならお腹に腹巻きがある状態なのでお腹を冷やすことはありません。ポイントは、腹巻きの内側に薄手のタオルを1枚巻いておくと、おっぱいが漏れた時に安心です。もしもおっぱいで汚れてしまった時は、すぐに下に下ろして脱げるので着替えも簡単。おまけに温かい!腹巻きは替えとして2〜3枚あるといいでしょう。

 

アイテム2:レッグウォーマー
夜、添い寝で授乳する時おなかの辺りは布団をかけられるけど、あげているおっぱい側の腕が布団から出て寒いんですよねー。そこで!パジャマの袖の上からレッグウォーマーをつけると、アームウォーマーに変身!これなら布団から出ている手は寒くありません。授乳時に限らず、お子さんと一緒に寝ていて腕枕をするならば、使っておくといいですよ。

 

アイテム3:白湯
おっぱいをあげていると、赤ちゃんに水分を取られて喉が乾きます。母乳を出すためにも水分は大切ですね。おっぱいをあげながら白湯を飲むようにすると、水分補給もできるし、たくさん着込むより体の中から温まります。

 

アイテム4:湯たんぽ
12月17日のニュース記事でも紹介しましたが、やはり湯たんぽはいいです。授乳時には、あらかじめ湯たんぽで温めておいたおくるみで赤ちゃんを包んで抱っこ。またママの首にハンドタオルを巻いて、冷気を遮断できます。大判タオルを使えば、赤ちゃんの口を吹いたりもできるので便利です。

 

アイテム5:はんてん
いわゆる「着る毛布」。今はいろんなサイズや色が売っています。その中に赤ちゃんごと入って授乳すれば、ソファに座っても、和室で座っても布団の中にいるように温かいですよ。

 

 

 

おっぱいであっても、ミルクでもあっても、授乳の際には子どもを抱き上げたり、添い乳でも腕枕したりと寒さに耐えるシーンはありますよね。せっかく温まった身体を冷やしてしまうと大変!でも、工夫をすることで少し安心です。パパが授乳する時でも使えるアイテムもあるので、助けてもらいましょうね!