2020.12.16

子どものカラダとココロを育む、神さまからの贈り物ガーベとは?

交野市星田にあるみんなのおうち「らもりーる」がオススメするおもちゃがあります。お子さんが使うおもちゃですから、安心で安全で想像力を育めるものをと願いますよね。さらに、手入れもしやすいと嬉しい。それにピッタリなおもちゃあります。

 

それはガーベというおもちゃです。

【ガーベ】というのは、ドイツの教育学者で幼稚園の創始者として有名なフレーベルが創案し「神の贈り物」と呼んだおもちゃのこと。日本では、【恩物】と呼ばれています。聞いたことない方のがきっと多いですよね。でも実は、皆さんもう使っていたりします。第1〜20番のガーベ(恩物)があり、皆さんも持っているであろう積み木もその一つなのです。その中で第1ガーベとされるのが、今回紹介する物です。

 

何で作られているのかというと、綿と毛糸です。手触りはふわっふわで、すんごい気持ちいいんです!頬ずりしたいくらい。一度触ると、ママだって虜になってしまうはず。手にちょうどいいサイズで、ギュッと握ったり、掴んで投げたり、つなげたり、自由自在。そして、赤ちゃんが舐めてしまっても洗えるので大丈夫。どんな風に使っても、子どもの創造力を邪魔することなく使ってもらえます。

 

コットン100%で作られたガーベは、【虹色ガーベ】として、らもりーるオリジナルとして完成しました。お母さんが1つひとつ手編みして作り、虹色の色彩豊かなガーベとして販売しています。らもりーるでは、この虹色ガーベをお母さん自身でお子さんのために作れる講座も開催しているので、我が子のためだけのガーベも作ることができます。

 

では、どうやって使うのでしょうか?簡単にいうと決まりはありません。素材のようにシンプルで「何にでもなれる」ガーベは、自分でどんな遊びにも展開していくことができます。触って感じて感覚遊び、食べ物や人形に見立ててまねっこ遊び、繋げて回して投げて箱に入れて操作遊び、たまには食べてみる(笑)子どもたちは、好奇心・探究心・考える力を存分に発揮して、遊び全てのプロセスから想像力と創造力を育んでいくのです。

 

子どもの遊びを見ていると、大人の脳になった私たちからは思いつきもしないアイデアと方法で楽しんでいることに気づくことはありませんか?ガーベで遊ぶ子どもを観察することで、親も子どもの新たな一面を知ることもでき、発想の豊かさを学ぶことができます。「うちの子ってすごい!天才!」そんな親バカに素直になっちゃいましょう。

 

ここまで読むと、だんだん欲しくなってくるでしょう?(笑)

【虹色ガーベ】は、初めてのクリスマスプレゼントにピッタリ!もちろんお誕生日プレゼントや出産祝いにも最適です。自然界の完全形とされる球と虹を用いて創案されたガーベ。らもりーる独自の【虹色ガーベ】をぜひ手に取ってみてください。

 

 

ガーベの詳しい遊び方を紹介しているInstagramはこちら

https://www.instagram.com/le.lien_ramorire/

 

自宅から購入できるネットショップはこちら

http://ramorire.theshop.jp

 

一般社団法人らもりーる

住所:大阪府交野市星田5丁目13ー6

TEL:090-1141-6866

駐車場:近くに有料パーキング有り

HP:https://ramorire.org