2020.11.12

絵本が読める子育て広場の先生におすすめえほんを教えてもらいました♪

絵本がたくさん読める子育て広場と一時保育施設【えほんのお部屋ひまわり畑】の中谷先生に、おすすめのえほんを教えてもらいました!

 

 

今回でなんと第5弾になります!いつもありがとうございます。テーマもお任せでお願いしていたのですが、いまの季節いまの時期にぴったりな内容で選んでくれています。3冊選んでくれているのですが、枚方Tサイト5階に3冊ともあったので実は先に読んでみました!おすすめですよ!

 

 

~中谷先生からのメッセージ~

 


あったかいな
参照:絵本ナビ
作:くすのき しげのり
絵:片山 健
出版社:廣済堂あかつき

11月も半ば、ふとふれた愛犬の耳がとってもふわふわであたたかくて、しあわせを感じてしまいました。そんな時浮かんだ絵本。小学生ゆうちゃんは、産まれたての子猫の暖かさに触れて、あったかいなぁって抱きしめます。素直な感動!私の手にも胸にもその暖かさが伝わります。「あったかいなあー」読んだひとの体温も1℃くらいあがりますよ(^^)
その夜、お母さんに抱きしめてもらい、その暖かさにふれて命の尊さを感じるまあちゃん。その姿に、私はいつも涙ぐんでしまう絵本です。今からママになる方に、この季節、ぜひ一読してあったまってほしいと思います。

 

 

 

おさじさん
参照:絵本ナビ
文:松谷 みよ子
絵:東光寺 啓
出版社:童心社

暖かいといえば、暖かい食べ物。それを運ぶおさじさんでしょうか?スプーンさんでもいいですが、おさじさんはすごい!さじという道具におがついて、さんまでついています。なんて丁寧なんでしょう(^^)
子どもは赤ちゃんでも丁寧な言葉が大好きです。丁寧な言葉で話しかけてもらえたら、自分も大切にして貰っていると感じるんでしょう。言葉が人を作ります。ぜひ、愛しい我が子に、丁寧な言葉で語りかけてあげてください。「おいしいものをはこぶきしゃぽっぽ」おさじさんは、子どもとママの味方です。
離乳食が始まった頃は、まだまだ絵本をじっと聞いて、見つめる事はないのですが、お母さんの声を心地よく聞く事は大好きです。読んでいる口元を見つめ、リズムを感じて、一緒の時間を楽しんでいます。そして、お母さんの口からきしゃぽっぽがきましたよ、なんて言ってもらいながら食事をいただく赤ちゃんって幸せでしょうね。お母さんも楽しく食事ができることでしょう。手元において大事にしてほしい絵本です。

 

 

 

きょうはそらにまるいつき
参照:絵本ナビ
作:荒井 良二
出版社:偕成社

秋はなんとなく物寂しい季節です。夕暮れが早いからでしょうか。暮れていく空はきれいですが、やっぱりちょっと寂しいなあ。夜空を見て、月を探さない日は無いように思います。見つけた時のなんとも言えないほっとした気持ちはなんでしょうか?またその月がきれいだったりした時、心がスッと凪いで穏やかな気持ちになります。この絵本はそんな心を幻想的な荒井良二さんの絵で見せてくれます。
みんなの空にまるいつき。遠く離れて枚方で子どもを産む人もいるでしょう。今はそばにいない人の空にもまるい月。大切な人との繋がりを感じながら、心静かに読みたい絵本です。
これからますます冷えますが、どうかお身体大切に暖かくしてお過ごしくださいませ。

 

 

いつもご協力してくれている、えほんのお部屋ひまわり畑さんには、他にも素晴らしい絵本が置いてあります。1日では全然足りないぐらいたくさんの絵本に囲まれたお部屋で、お子様と一緒にゆっくりお過ごしください。

 

詳しくはHPをご確認のうえお問い合わせください。
えほんのお部屋 ひまわり畑
住所:大阪府枚方市香里ヶ丘12丁目6-28
Tel:090-6739-7064
HP:http://www.himawaribatake0303.com/