2020.06.13

多様な働き方にも対応?企業主導型保育所って?

平成28年度から、待機児童の問題や
子どもをもつ親の仕事と子育てのサポートすることを目的として、
内閣府が「企業主導型保育事業」がスタートしています。

 

 

枚方市でも事業のスタート以降
企業主導型の保育園が増えてきていますよね!

 

 

企業主導型保育園はポイントは何点かあり、

 

・自治体を通さないでも補助金が出る
・親の多様な働き方に対応できる
・企業が保育所を設置して運営
・利用者と施設の直接契約

 

等があげられます。

 

 

自治体の認定の必要がなく
認可施設並みの保育料で利用できるということもあり
待機児童問題の解消に期待が寄せられています。

 

 

園によって異なりますが、
延長保育や休日保育、短時間保育など、
子どもを預ける親の多様な働き方に
柔軟に対応できるのも特徴のひとつのようです。

 

 

リールキッズ枚方茄子保育園さんも
2019年12月に開園した企業主導型保育園になります。

 

 

 

 

 

0~3才児が対象となり
30名定員の少人数制になっているので
園児一人一人に対して手厚い保育が実現できます。

 

 

 

 

新型コロナウイルス感染症対策もあり
一時は見学会や、お申し込みの受付を中断していたみたいですが
6月以降、再開しているとのことです!

 

 

ブログからは子供たちの元気な姿や
園の様子が見ていただけますので
是非チェックしてみてください♪

https://profile.ameba.jp/ameba/rirekids-nasu/

 

 

詳しくはこちらから
リールキッズ枚方茄子保育園
住所:大阪府枚方市茄子作東町15ー11
Tel:072-800-1801
時間:7:30~18:30(前後30分延長保育あり)
駐車場:有り
HP:https://www.rirestage.co.jp/hoiku/